おもちゃの歴史年表

おもちゃの歴史を年表で見てみましょう。 じーじばーば世代が遊んだレトロおもちゃから、パパママ世代が子どもの頃に流行っていたおもちゃ、ここ数年の人気おもちゃの傾向が分かりますよ!
※青色のリンク文字をクリックすると、詳しい情報をご覧いただけます。

年 代 玩具業界の流れ、ヒット商品
明 治 明治 5 (1872) ブリキ製金属玩具などの欧米玩具の輸入始まる
明治18 (1885) トランプ発売
明治26 (1893) 教育玩具の出現
明治37 (1904) 戦争玩具、戦争(行軍)将棋、勲章玩具など人気
大 正 大正 6 (1917) セルロイド製キューピー人形誕生
大正15・昭和元年
(1926)
めんこ、ベーゴマ流行
昭和元年 昭和19年 皇孫御誕生奉祝「こども博覧会」開催
昭和 2 (1927) アメリカから青い眼の「人形大使」来日
昭和 6 (1931) 紙芝居「黄金バット」に人気
昭和 8 (1933) 「のらくろ」玩具面爆発的売れ行き
昭和13 (1938) 内地向け金属(ブリキ)玩具製造禁止
昭和18 (1943) 「愛国百人一首」「愛国いろはかるた」など登場
昭和20年 昭和24年 昭和20 (1945) ブリキ製ジープ玩具発売
昭和21 (1946) 「こどもに玩具を与えよ」請願書国会に提出
昭和22 (1947) セルロイド・ゼンマイ玩具など国産玩具の輸出始まる
昭和23 (1948) フリクション自動車玩具登場
昭和24 (1949) 日本の人形陳列展(国立博物館)、人形文化資料展(国会図書館)など開催
昭和25年 昭和29年 昭和25 (1950) 国産プラスチック製玩具製作開始
昭和26 (1951) 日教組が「戦争おもちゃ」追放運動
昭和27 (1952) クラッカーボール(五色玉)火薬類取締法による玩具用煙火として認可される
食用玩具「風船ガム」流行
電動玩具第一号「セダン型自動車」、「上飛飛行機」登場
昭和28 (1953) 日本子どもを守る会、日教組、基地の子どもを守る会など全国会議開催
昭和29 (1954) ミルク飲み人形流行
昭和30年 昭和34年 昭和30 (1955) 無線操縦の自動車玩具(ラジコン)出現
昭和31 (1956) ホッピング大流行
昭和32 (1957) バドミントン登場
昭和33 (1958) 国産プラモデル玩具登場
「野球盤」発売
フラフープ大流行
昭和34 (1959) 国産ミニチュア・カー出回り始める
昭和35年 昭和39年 昭和35 (1960) ビニール人形「ダッコちゃん」大流行
昭和36 (1961) 「プラレール」発売
昭和37 (1962) 第一回日本玩具国際見本市開催(現 東京おもちゃショー)
歩行人形、着せ替え人形登場
昭和38 (1963) レーシングカー発売
昭和39 (1964) マスコミ玩具「鉄腕アトム」「鉄人28号」など登場
お話人形登場
昭和40年 昭和44年 昭和40 (1965) 栃木県壬生町に「おもちゃ団地」誕生
スーパーボール アメリカから渡来
昭和41 (1966) オバケのQ太郎登場、大流行する
昭和42 (1967) 社団法人 日本玩具協会設立
着せ替え人形「リカちゃん」登場
昭和43 (1968) 「人生ゲーム」発売
昭和44 (1969) アポロ12号の影響で宇宙もの玩具流行
ママレンジ登場
昭和45年 昭和49年 昭和45 (1970) タイガーマスク玩具流行
昭和46 (1971) アメリカン・クラッカー、ボウリングゲーム玩具が流行
玩具業界、玩具安全マーク制度実施
昭和47 (1972) 「仮面ライダー」玩具流行
昭和48 (1973) オセロゲームがヒット
「マジンガーZ」玩具流行
昭和49 (1974) ジグソーパズル流行。「モンチッチ」登場
昭和50年 昭和54年 昭和50 (1975) レンジ・氷かき・毛糸編機など女玩好調
昭和51 (1976) 「およげ!たいやき君」ヒット。関連玩具流行
昭和52 (1977) スーパーカー大流行
自動販売機によるカプセル玩具の販売開始
昭和53 (1978) LSIゲーム登場。「バービー」日本で発売開始
「スライム」が流行
昭和54 (1979) ウルトラマン人形全国的に大ヒット
インベーダーゲーム大流行
昭和55年 昭和59年 昭和55 (1980) ルービックキューブ大流行
「ゲーム・ウォッチ」発売
昭和56 (1981) 「機動戦士ガンダム」のプラモデル大ブーム
「チョロQ」登場。「アラレちゃん」人気
昭和57 (1982) 国際見本市「東京おもちゃショー」と改称
昭和58 (1983) 「ファミリー・コンピュータ」発売。大ヒット
「キン肉マン」人気
昭和59 (1984) 「キャベツ人形」日本上陸
昭和60年 平成 1年 昭和60 (1985) 「シルバニアファミリー」登場
昭和61 (1986) ファミコンソフト「ドラゴンクエスト」発売
昭和62 (1987) おもちゃ券発売開始
「聖闘士星矢」「ゾイド」「トランスフォーマー」など男玩好調
昭和63 (1988) 「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト3」などテレビゲームソフトが大ヒット
平成 1 (1989) 玩具業界VANシステム 「TOYNES」発足
「ゲームボーイ」発売
平成 2年 平成 6年 平成 2 (1990) 日本玩具協会「小さな凸の提案」発足
キャラクターぬいぐるみがクレーンゲームで大ヒット
「スーパーファミコン」発売
平成 3 (1991) 「愛鳥倶楽部」発売がヒット
平成 4 (1992) トイザらス オープン
「セーラームーン」登場で女児玩具好調
平成 5 (1993) キッズコンピュータ「ピコ」登場
「リカちゃんキャッスル」オープン
平成 6 (1994) 32ビットテレビゲーム登場。「セガサターン」「プレイステーション」ほか
平成 7年 ~ 平成11年 平成 7 (1995) バトルえんぴつ人気
ミニ四駆大ヒット。関連玩具流行
平成 8 (1996) 「NINTENDO64」、ゲームボーイソフト「ポケットモンスター」発売
「ウルトラマンティガ」でウルトラマン人気復活
「たまごっち」登場。キーチェーンゲームのブーム到来
「新世紀エヴァンゲリオン」大人気
平成 9 (1997) 「ハイパーヨーヨー」登場。シリーズアイテム目白押し
「デジタルモンスター」発売
「ポケットモンスター」大ヒットで関連グッズ続々登場
「ハローキティ」人気復活。キャラクターグッズヒット
平成 10 (1998) 「ポケットピカチュウ」「てくてくエンジェル」など万歩計型携帯ゲーム大ヒット
「遊戯王」関連グッズヒット
「ゲームボーイカラー」発売。携帯ゲーム機好調
新型家庭用ゲーム機 「ドリームキャスト」発売
平成 11 (1999) 「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」シリーズ発売開始
電子ペット人気の火付け役「ファービー」大ヒット
「PS ファイナルファンタジー8」「GB ポケットモンスター金・銀」発売
「だんご3兄弟」大フィーバー、社会現象に
平成12年 ~ 平成16年 平成 12 (2000) 「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」シリーズ人気続く
「プーチ」発売、大ヒット。新ジャンル「ペットロボット」確立
新型ゲーム機「PS2」発売
「とっとこハム太郎」関連商品登場
平成 13 (2001) 「ベイブレード」テレビアニメ放映で大ブレイク
新型携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」、 新型テレビゲーム機「ゲームキューブ」発売
テレビに繋いで遊ぶ「e-kara」、「体感アクションゲームシリーズ」など好調
平成 14 (2002) 新型テレビゲーム機「Xbox」発売
カードゲーム「デュエル・マスターズ」登場。人気急上昇
「バウリンガル」発売、「イグノーベル賞」平和賞受賞
「夢ねこ」 「お茶犬」 「Canバッチgood!」 「マイクロペット」など人気アイテム発売
平成 15 (2003) CM人気でチワワ商品続々登場
「トリビアの泉」の「 1/1へぇボタン」発売。ブームに
「手さぐりゲーム」「生き残りゲーム」など、懐かし系アナログゲームの復刻続く
平成 16 (2004) 「甲虫王者ムシキング」「ふたりはプリキュア」大ブレイク
「たまごっち」復活
「能力トレーナー」登場で頭脳開発系アイテムの人気高まる
「ニンテンドー・ディーエス」「プレイステーション・ポータブル」発売
平成17年 ~ 平成21年 平成 17 (2005) 「オシャレ魔女 ラブandベリー」ゲームとグッズで大ブームに
「バンダイナムコホールディングス」設立
自宅でプラネタリウムが楽しめる「ホームスター」発売。大人市場広がる
平成 18 (2006) タカラとトミーが合併し、「タカラトミー」設立
お金が貯まると人生が変わるニューコンセプト貯金箱「人生銀行」発売
人気パズル「数独」関連ゲーム 各社から続々登場
「ニンテンドーDS Lite」 「プレステーション3」 「Wii」 新型ゲーム機発売
平成 19 (2007) 「∞プチプチ」発売。発売前から各メディアで話題集中
「ハニービー」「ヘリQ」など、リモートコントロール型トイホビーの人気続く
「リカちゃん」40周年で、新シリーズ「ワールドツアーシリーズ」 展開
「東京タワー」関連商品、好調
平成 20 (2008) (社)日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」創設
「のりまきマッキー」「とろりんチョコポット」などクッキングトイの人気高まる
野球盤50周年で、記念モデル「野球盤エース」発売
玩具業界企業5社が「貯金箱の日」を制定。貯金箱ブームを盛り上げる
平成 21 (2009) 「ベイブレード」アニメ放映開始で人気が大ブレイク
「デュエル・マスターズ」「遊戯王」「バトルスピリッツ」などカードゲーム人気続く
ワンピースジグソーパズルが大ヒット/「ジグソーパズル達人検定」初開催
平成22年 ~ 平成26年 平成 22 (2010) 「ベイブレード」「爆丸」「ハイパーヨーヨー」 3大男児ホビー人気集中
「シュシュルン」「アクセクルーラ」などおしゃれがテーマの女児アイテム好調
トミカ40周年、ガンプラ30周年
記録的猛暑で浮き輪やビーチボール、ウォーターガンなどの水もの商品人気
平成 23 (2011) 東日本大震災の影響で節電・イエナカ需要高まり、アナログゲーム好調に
プラモデル「ダンボール戦機」、カードゲーム「ヴァンガード」登場、人気上昇
「たまもりしーる」「なかよしコレクション」など、友達と“交換”を楽しむ商品人気
「東京おもちゃショー」第50回、「2011東北こども博」初開催
平成 24 (2012) 「プリティーリズム」の大ヒット、JS(女子小学生)の動向が注目される
東京スカイツリーが開業し、関連商品も好調
スマホと連動した玩具が多数発売され話題に
「おさわり探偵なめこ栽培きっと」などアプリ発のキャラクターが登場
平成 25 (2013) 「オレカバトル」「ポケモントレッタ」「アイカツ!」「プリティーリズム」などキッズカードゲーム機が好調持続
「キョウリュウジャー」「ウルトラマンギンガ」「仮面ライダー鎧武」の男児向け3キャラクターが揃って好調
スマホ型・タブレット型の商品が各種発売される
世界最小「ナノファルコン」など小型トイRCが子どもから大人まで人気を集める
ご当地キャラ・ゆるキャラが注目を浴びる
平成 26 (2014) 「妖怪ウォッチ」「アナ雪」が社会現象に。「妖怪メダル」「DX妖怪ウォッチ」をはじめ両キャラクターの関連商品が大ヒット
シリコンバンドを編んでアクセサリーを作る「ファンルーム」が大ヒット
室内で砂遊びができる「キネティックサンド」が人気
世界各国で好調のレゴ、日本でも年間通じて好セールスが続く
平成27年 ~ 平成28年 平成 27 (2015) 「トミカ」「リカちゃん」「シルバニアファミリー」「メルちゃん」など定番商品が好調、市場を牽引
「妖怪Pad」「野球盤3Dエース」「ヘアメイクアーティスト」がヒット
インバウンド需要が高まり、「レゴブロック」「ガンプラ」などが人気に
平成 28 (2016) 「ベイブレードバースト」大ヒット
タマゴの孵化から楽しめる「うまれて!ウーモ」人気で完売店続出
「ラブあみ」など女児向けホビー商品好調
ゲームアプリ「ポケモンGO」世界中で大ヒット、社会現象に