ƊEj[X

【業界ニュース】深夜の書店内をミニ四駆が疾走!「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」開催

大人から子どもまで大人気のタミヤのミニ四駆を使った「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」が7月20~21日に千葉・船橋市のビビット南船橋1Fにあるジュンク堂書店南船橋店で開催されました。

このイベントはジュンク堂南船橋店内にミニ四駆のコースを作ってレースを楽しもうというもので、Twitter内の「♯公式ミニ四駆部」でミニ四駆を通じて交流している企業公式アカウント担当者など15名が参加し熱戦が繰り広げられました。
なぜ、2日間かけて行われたというと、閉店後から翌日開店までの深夜帯を中心とした時間に開催されたからで、昼間ならお客さんが行き交う店舗中央を貫くメイン通路の約50m近いストレートを活かした特設コースはまさに圧巻の一言。深夜の書店の中をミニ四駆が疾走するというなかなか見ることができない光景を見せていただきました。
ジュンク堂では一般のミニ四駆ファンが楽しめるような企画も今後検討していくとのことなので期待しましょう!

DSC_0036

●ジュンク堂書店 南船橋店で「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」を開催(リリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000027516.html

●Twitter https://twitter.com/search?q=#ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる

●ジュンク堂書店 公式サイト https://www.junkudo.co.jp/

●タミヤ ミニ四駆 公式サイト https://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.html

【業界ニュース】60周年のプラレール、夏休みに様々なイベントを開催

タカラトミーは、夏休みに合わせて今年60周年を迎えるプラレールで鉄道各社と様々なコラボレーションイベントを開催しています。

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館では、60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史」を7月19日~9月1日まで開催しています。
鉄道博物館の協力のもと、普段見ることのできない過去の商品などプラレールの歴史を知ることができる展示や、「プラレールができるまで」としてプラレールの令和初のセット商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」を例に、プラレールができるまでの過程をスケッチや試作品と共に紹介しています。こうした試作品は初披露です。さらに鉄道博物館に所蔵されている貴重な資料とのコラボ展示もあり、親子三代で楽しめます。

teppaku1

鉄道博物館で開催中のプラレール60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史」

 

西武鉄道とは、7月14日~9月1日まで「西武秩父線50th×プラレール60th」を記念して「新駅誕生⁉幻の『西武ちちプラレール駅」開業記念キャンペーンを実施しています。
西武秩父駅構内に「西武ちちプラレール駅」が⁉50年前に運航を開始した5000系レッドアローの前頭部を展示したフォトスポットの設置など、こちらも楽しい体験がいっぱいのイベントになっています。

西武秩父駅に幻の「西武ちちプラレール駅」が出現⁉

西武秩父駅に幻の「西武ちちプラレール駅」が出現⁉

 

さらに創立110周年の京成電鉄葛飾区と特別企画も開催中です。
タカラトミー本社のある京成立石駅には「けいせいたていしプラレール駅」が登場、さらに葛飾区内8つの地域の商店街と連携したスタンプラリーなども実施中です。

タカラトミー本社のある京成立石駅には「たていしプラレール駅」が誕生!

タカラトミー本社のある京成立石駅には「たていしプラレール駅」が誕生!

ぜひ気になるイベントをチェックして、家族やお友達と参加してみてください。

 

●鉄道博物館 公式サイト http://www.railway-museum.jp/

●西武鉄道 公式サイト https://www.seiburailway.jp/
西武秩父線開通50th×プラレール60th特別企画
https://www.seiburailway.jp/guide/event-campaign-info/campaign/seibuchichibu50line/

●京成電鉄 公式サイト http://www.keisei.co.jp/
おいでよ!プラレールスタンプラリー https://www.keisei-cp.com/plarail/

●プラレール 公式サイト https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

【業界ニュース】静岡ホビーショー開幕、地元の小・中・高校生招待日を新設

プラモデルやRCなどの国内最大級のホビーの祭典である静岡ホビーショーが5月8日に静岡・静岡市のツインメッセ静岡で開幕しました。
同ショーは例年、業者招待日と一般公開日合わせて4日間の日程で開催されていましたが、今年は子ども達が模型に触れる機会を増やすことを目的に会期を1日前倒しして、静岡県内の小・中・高校生を招く小・中・高校生招待日が新設され、全5日間での開催となります。

8日の小・中・高校生招待日には静岡県内から5,200人の小中高生が招待され、出展企業各ブースの見学に加えて射出成型機の実演やプラモデルの製作体験会、RC操縦体験会などを楽しみ大盛況となりました。

DSC_0186 DSC_0018

会場には国内ホビーメーカーなど84社ほか3団体計86ブースが展開されており、夏以降の商戦を賑わす新商品や話題商品などが多数登場。さらに11日、12日の一般公開日にはスーパーカー「LB☆WORKS アヴェンタドール」の展示なども行われるので、ぜひこの機会に静岡ホビーショーを訪れホビーの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

DSC_0163

静岡ホビーショー 公式サイト https://www.hobby-shizuoka.com/

【業界ニュース】「人生ゲーム+(プラス)令和版」を発表、渋谷で100名にプレゼント

タカラトミーは、4月1日午前に新元号「令和」が発表された直後、いち早く新元号を取り入れた人生ゲームの新製品「人生ゲーム+(プラス)令和版」を6月に発売することを発表し、新元号発表から約3時間後の午後2時30分には東京・渋谷の渋谷109エントランス特設イベント会場で「人生ゲーム+(プラス)令和版」をお披露目しました。

新元号が発表されるとすぐに商品パッケージに貼付する「令和」と書かれたシールを作成、イベント会場では新元号シールを貼って完成したばかりの特製「人生ゲーム+(プラス)令和版」を、特大人生ゲームルーレットを回して「令和」に当たった100名にプレゼントしました。
一番最初にルーレットで見事に「令和」に当たり、商品をプレゼントされたのは千葉県茂原市からお父さんと遊びに来ていた今関ほの香ちゃん。「家に帰ったらすぐに遊びたい」と大喜びでした。

なお、「人生ゲーム+(プラス)」は、戦略性を加えた人生ゲームの新シリーズで、6月に発売予定の同商品が第1弾商品となります。通常の人生ゲームでは、ゴールした時により多くのお金を持っていたプレイヤーが勝ちとなりますが、この商品では現代の商品らしくテーマは“インフルエンサー”で、ゲーム終了時に最も多くの“フォロワー”を獲得したプレイヤーが勝ちとなります。

「令和版」と書かれたシールを作成し、イベント会場で貼って完成!

「令和版」と書かれたシールを作成し、イベント会場で貼って完成!

発売前の特製「人生ゲーム+(プラス)令和版」をプレゼントされ大喜び

発売前の特製「人生ゲーム+(プラス)令和版」をプレゼントされ大喜び

●「人生ゲーム+(プラス)令和版」商品情報 https://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/product/plus/
●人生ゲーム 公式サイト https://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/index.html

【業界ニュース】人気ボードゲーム「カタン」親子ペア大会が開催

人気ボードゲーム「カタン」を親子がペアになって競い合う「全国カタン親子ペア大会 第一回大会 東京」が3月31日、東京・墨田区の国際ファッションセンター Rooms100で、開催されました。

無人島・カタンを舞台に、島を開拓して最も繁栄させたプレイヤーが勝利する「カタン」。日本選手権大会や昨年は小学生大会が開催されるなど、多くのプレイヤーに親しまれています。今回の大会は親子が力を合わせて戦っていく形式で、関東地域から22組の参加がありました。

進行役は3度の日本選手権を制し大会の発案者でもある犬束良太郎さんが務め、終始笑顔の絶えないムードの中で進行しました。合計2ゲームが行われた第一回大会の栄えある優勝は吉岡直樹さん・七美ちゃんペアが輝き、準優勝は新田恵美さん・心椛(ここな)ちゃんペア、第3位には八木正紀さん・奈菜子ちゃんペアが果たし、賞状と賞品のボードゲームが贈られました。

主催者のジーピー・米川和秀社長は閉会式で、「親と子どもがチームになって遊べることもカタンの魅力です。今後もみんながカタンで遊べる場を作っていくので、大いに楽しんでもらいたいです」と挨拶し、親子ペアでの夏休み大会、冬休み大会、さらには来年の春休み大会まで計画していることも併せて発表しました。

ご興味のある方は是非、サイトをチェックしてみてください。

昨年度の日本チャンピオン・犬束良太郎さんが九州から駆け付け進行役を務めました

昨年度の日本チャンピオン・犬束良太郎さんが九州から駆け付け進行役を務めました

「子ども達がコミュニケーションを取れる場をこれからも提供していきます」と主催者の米川和秀氏

「子ども達がコミュニケーションを取れる場をこれからも提供していきます」と主催者の米川和秀氏

表彰式後の記念撮影。左から準優勝の新田恵美さん・心椛ちゃんペア、優勝の吉岡直樹さん・七美ちゃんペア、第3位の八木正紀さん・奈菜子ちゃんペア

表彰式後の記念撮影。左から準優勝の新田恵美さん・心椛ちゃんペア、優勝の吉岡直樹さん・七美ちゃんペア、第3位の八木正紀さん・奈菜子ちゃんペアと米川和秀氏

●全国カタン親子ペア大会(ジーピー主催)公式サイト http://www.gp-inc.jp/

【業界ニュース】「新サクラ大戦」の続報も!セガフェス2019開催

3月30・31日の2日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で、セガグループが総力を挙げて開催するイベント「セガフェス2019」が開催されました。

今回で3回目となるこのイベントでは、人間が「ツメ」となって景品をつかみ上げる巨大なUFOキャッチャー「MEGA UFO CATCHER」や、巨大なコントローラーを体全体で操作してセガサターンのゲームを楽しむ「巨大セガサターンコントロールパッド」といったアトラクションの他、ステージイベントや物販コーナーなど多彩な内容でファンを楽しませました。

今回で3回目となる「セガフェス2019」

今回で3回目となる「セガフェス2019」

さらに今回も特にセガファンから注目を集めていたのが、毎年セガグループ会長の里見治紀氏自らが様々なプロジェクトの発表をすることで話題となっているステージ「SEGA Fan Meet-Up2019」です。

このステージでまず発表されたのが、東京2020オリンピック公式ゲーム4タイトル。プレイステーション4、ニンテンドースイッチで発売される「東京2020オリンピック The Official Video Game」をはじめ「マリオ&ソニック AT 東京オリンピック」(ニンテンドースイッチ)、「マリオ&ソニック AT 東京オリンピック アーケードゲーム」(アーケード)、「東京2020 ソニック オリンピック」(iOS/Android)といった多彩なタイトルが様々なハードで発売されることが発表されました。

ステージで東京2020オリンピックマスコット「ミライトワ」と「ソニック」「マリオ」に囲まれた里見治紀会長

ステージで東京2020オリンピックマスコット「ミライトワ」と「ソニック」「マリオ」に囲まれた里見治紀会長

さらに会場を沸かせたのが昨年の同イベントで発表され以来、続報が途絶えていた「メガドライブ ミニ」と「新サクラ大戦」の続報。

「メガドライブ ミニ」を手にした里見治紀会長

「メガドライブ ミニ」を手にした里見治紀会長

「メガドライブ ミニ」は国内版、海外版ともに2019年9月19日に発売されることが正式に発表された他、「新サクラ大戦」についてはメインテーマ「檄!帝国華劇団」の新バージョンや映像そして、プレイステーション4用として今冬発売されることがが披露され、客席からは大きな拍手と歓喜のどよめきが沸き上がりました。

 

セガフェス2019 特設サイト http://segafes.sega.jp/

【業界ニュース】プラレール60周イベントが京都鉄道博物館で開催中!

タカラトミーのプラレールが、1959年の発売から今年で60周年を迎えます。
これを記念して京都鉄道博物館(京都市下京区)では楽しいプラレールイベントが開催されています。

3月23日からは、本物の蒸気機関車「SLスチーム号」がプラレール仕様に! 運行開始にあたり、23日朝には、タカラトミー・富山幹太郎会長、西日本旅客鉄道・来島達夫社長、京都鉄道博物館・三浦英之館長が参加して「プラレール60周年SLスチーム号 走行除幕式」が開催されました。

3月23日に開催された走行除幕式

3月23日に開催された走行除幕式

また23日には京都鉄道博物館の近くにあるアソカ幼稚園の園児32名が招待され、SLスチーム号を乗車体験しました。特製のプラレール60周年ヘッドマークをフェイスに付けた本物の蒸気機関車が煙をモクモクと上げながら走行する姿はまさに迫力満点。客車に乗った子ども達やお母さんたちも「すごーい!」「楽しい!」と大興奮。
このプラレール60周年特製のヘッドマークをフェイスにつけた「プラレール60周年SLスチーム号」は5月7日まで運行されています。

pla2

プラレール60周年SLスチーム号が出発!

pla4

SLスチーム号の駅もプラレール仕様に

さらに京都鉄道博物館ではプラレール60周年企画展「おかげさまで60年まるごとプラレール展」も3月9日から5月7日まで開催しています。会場には歴代のプラレールがずらっと並び、さらに中央には大型ジオラマが。他にもシアターブースやフォトスポットもあり、親子で楽しめる企画展になっています。

pla3

おかげさまで60年まるごとプラレール展

春休みに家族で遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

●京都鉄道博物館 http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

【業界ニュース】いよいよ「シルバニアファミリー展」が始まりました!

1985年にエポック社から発売されたシルバニアファミリー。9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というラインナップでスタートし、現在までに約70種類の家族、約100種類のお家やお店、約230種類の家具などが登場しています。発売から34年が経ち、60を超える国と地域で親しまれ、世界累計販売数は人形で1億5,000万体以上にものぼっています。

そして本日3月13日から、国内で販売された商品を中心に1,000点以上が一堂に会した大規模展覧会「シルバニアファミリー展」が東京・松屋銀座8Fイベントスクエアで開催されています。子どもの頃に遊んだ懐かしい人形やハウスに出会えるほか、デザイナーの篠原ともえさんがデザイン・監修した特別なシルバニアファミリーの展示、シルバニア村を再現した大型ジオラマ、ドールハウス作家による新作など、見どころがいっぱい。さらに会場内のショップでは展覧会限定商品約250点も販売しています。

会期は3月13~25日(10時~20時、17日・24日は19時30分まで)。可愛さと美しさを追求し続けてきたシルバニアファミリーの世界を存分に堪能できる展示会となっていますので、ぜひ足を運んでみて下さい!

南沢さん&丸山さん 初代ラインナップ篠原ともえ×シルバニアファミリー 限定品
写真左上:オープニングイベントに登場した女優の南沢奈央さん(右)とタレントで元なでしこジャパンの丸山桂里奈さん、写真右上:1985年新発売時のラインナップ
写真左下:「mode」をテーマにした特別展示の篠原ともえ×シルバニアファミリー、写真右下:展覧会限定人形「ショコラウサギファミリー」

●シルバニアファミリー展
https://www.sylvanianfamilies.com/ja-jp/special/event/190115_sften/

©EPOCH

【業界ニュース】東京スカイツリーでバービー60周年記念イベント開催

東京スカイツリーの地上450mにある展望回廊がバービーでいっぱいに!

3月6日~5月6日の期間で、バービーのデビュー60周年記念イベント「Barbie Loves TOKYO SKYTREE RUNWAY」が開催されています。展望回廊はファッションショーのランウェイに見立てた装飾が施され、バービーのピンクのシューズのオブジェやカラフルなクローゼットなどの撮影ポイントなどもあります。そして特設ショップではここでしか買えない限定デザインのグッズが販売されているほか、展望デッキフロアにあるカフェではバービーとコラボしたメニューも楽しめます。

 バービーのシューズをイメージしたオブジェに座って写真が撮れます
写真左)ランウェイに見立てた約110m続く展望回廊では壁面に様々な職業のバービーが登場
写真右)バービーのシューズをイメージしたオブジェに座れる撮影スポット

初日の6日には取材会が行われ、ゲストとして黒柳徹子さんが登場。世界で1体しかない黒柳さんをモデルにした「One of a kind doll」が披露されると、「玉ねぎ頭がとても良くできていてびっくり。私がニューヨークで着ていた着物を再現してくれて、帯まで本当に同じ」と大感激の様子でした。

おめでたい時に着るという紅白のスパンコールがたくさんついた衣装で登場
おめでたい時に着るという紅白のスパンコールがたくさんついた衣装で登場

●Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY
http://www.tokyo-skytree.jp/event/special/barbie2019/

 

©2019 Mattel. All Rights Reserved. ©TOKYO-SKYTREE

【業界ニュース】「ムーミンバレーパーク」3月16日に埼玉・飯能にオープン

「ムーミンバレーパーク」が埼玉・飯能市の宮沢湖畔に3月16日にオープンします。
オープンに先駆けて3月5日に行われたプレス向け先行内覧会に行ってきました。

「ムーミンバレーパーク」は、昨年11月にオープンした森と湖に囲まれた、北欧時間を体感できる施設「メッツァ」内にあります。

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパークは大きく分けて「POUKAMA/はじまりの入り江エリア」(レストランやグッズ販売など)、メインエリアである「MUUMILAAKSO/ムーミン谷エリア」(エンマの劇場や忠実に再現されたムーミン屋敷など)、「KOKEMUS/コケムス」(フィンランド語で体験を意味する言葉、地上3F建ての展示施設)、「YKSINÄISET VUORET/おさびし山エリア」(子ども達が自然の中で元気いっぱい体を動かして遊べるエリア)の4つがあります。

忠実に再現されたムーミン屋敷

忠実に再現されたムーミン屋敷

自然に囲まれたパークでは、身体を動かす遊びから絵付けまで様々な体験ができます。
忠実に再現されたムーミン屋敷には、ツアーに参加すれば屋敷内を細かく見ることができます。
さらに屋外ステージ「エンマの劇場」では、ムーミン達のステージショーが楽しめます。
ペットと一緒に来場でき、しかも施設内では写真撮影や動画撮影もOK。ムーミンパークで楽しい体験をしてみませんか?

入園料は大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳以上小学生以下)1,000円、3歳以下は無料。他に一部有料アトラクションあり。なおチケットはオンラインでも発売しており、事前予約が可能です。

ショップではたくさんのムーミングッズを販売。限定品も

ショップでは限定品をはじめ たくさんのムーミングッズを販売

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

「ムーミンバレーパーク」公式サイト https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/