ƊEj[X

【業界ニュース】アニメーション映画「二ノ国」発表

2月9日に東京・新宿区の新宿ミライナタワーでワーナーブラザース映画新プロジェクト製作発表が行われ、アニメーション映画「二ノ国」の製作が発表されました。

「二ノ国」は製作総指揮/の原案・脚本には妖怪ウォッチなどを生み出したレブルファイブ代表取締役社長CEOの日野晃博社長、監督はスタジオジプリやスタジオポノックなどで数々の名作に携わった百瀬義行氏、音楽は久石譲氏が担当します。また、主人公の声優を務めるのは数多くのテレビや映画などで主演を務め、今最も注目の俳優の一人である山崎賢人さん。山崎さんは今作が声優初挑戦となります。

日本を代表するドリームメーカーが集結した今作がどのようなものとなるのか、2019年夏全国ロードショーとなりますので期待しましょう。

DSC_1133WEB DSC_1154web
左写真:左から山﨑賢人さん、日野晃博氏、百瀬義行氏、ワーナー・ブラザースジャパン/エグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦氏
右写真:主人公のユウの画像と山﨑賢人さん

 

映画『二ノ国』 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

 

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

【業界ニュース】タカラトミーがプラレール60周年でJR東日本と特別企画展を両国駅で開催

タカラトミーのプラレールが今年60周年を迎えます。
子ども達はもちろん、お父さんやお祖父さんももしかしたら、子どもの頃に遊んだことがあるかもしせません。
タカラトミーでは、60周年を記念して、今年は年間を通して様々な周年事業を展開していきます。

その大型イベントの1つとして開催されているのが「プラレール60周年×JR東日本 特別企画展『両国 プラレール駅』」で、2月9日から4月7日までR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」特設会場で開催中です。

開催前日の8日には、この特別企画展を記念したセレモニーがJR両国駅で開催されました。

会場には全長9メートルにおよぶ壁一面には260車両以上のプラレールが展示されているほか、巨大ジオラマやプレイコーナーも。
さらにフォトスポットや限定ノベルティがもらえるアトラクションコーナーなど遊びも充実しています。
もちろん様々なプラレールのおもちゃや関連商品も販売しており、プラレールファンの子どもだけでなく、鉄道好きな大人まで楽しめる内容になっています。

春休みを利用して、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

プラ3

プラ1

プラ2

●特別企画展「両国 プラレール駅」公式サイト
https://ryougoku-plarail-station.com/

●「プラレール60周年」公式サイト
https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/60th/index.htm

 

【業界ニュース】バディファイトにコナンが登場!ブシロードTCG戦略発表会開催

ブシロードは、自社が展開するTCG(トレーディングカードゲーム)各タイトルの今後の展開などを発表する「ブシロードTCG戦略発表会2019春」を2月5日に東京・千代田区の秋葉原UDXで開催しました。

バディファイト、ヴァイスシュバルツ、ヴァンガードなどの各タイトルについて色々な発表がありましたが、特に注目は人気キャラクターとのコラボレーション。バディファイトにはなんと子どもから大人まで大人気を誇っている「名探偵コナン」が登場し、4月12日にトライアルデッキクロス2種やアルティメットブースタークロス第1弾、サプライ商品などのコラボレーション商品が発売予定です。
さらにヴァイスシュバルツも「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」、「カードチャプターさくらクリアカード編」など人気キャラクターとのコラボレーション商品が登場予定で、より話題性に富んだ商品ラインナップが発表され期待も大です。

その他、5月3・4日に東京・江東区の東京ビッグサイトで開催される「大ヴァンガ祭×大バディ祭2019」などイベント情報も目白押し。各TCGの新情報が気になる方はブシロード公式HPへGO!

IMG_0137ウェブ用
イベント後には木谷高明取締役(右から3番目)や各TCGのプロデューサー、ゲスト声優らによる記念撮影が行われた

 

ブシロードTCG戦略発表会2019春 https://bushiroad.com/presentation2019s
ブシロード 公式サイト https://bushiroad.com/

 

©bushiroad All Rights Reserved.

 

【業界ニュース】ガンダム40周年を記念したコラボレーション企画を発表

「ガンダム40周年コラボレーション商品発表会」が東京・江東区のダイバーシティ東京内にあるガンダムベース東京で1月30日に開催されました。

1979年にTV放送が開始された機動戦士ガンダムの40周年を記念した「機動戦士ガンダム40周年記念KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトスペシャルムービー」の制作やプロ野球12球団、ユニクロ、ポチっと発明 ピカちんキットとのコラボレーション企画などが発表されました。

スペシャルムービーに登場するガンダムは、これまでにフェラーリ・エンツォやマセラティ・クアトロポルテなど数多くのデザインを手掛けてきた日本を代表する工業デザイナーの奥山清行氏がデザインを担当。奥山氏が本気でプロダクトとしてのガンダムを検証しデザインしたらどうなるのかという特別企画であり、映像と合わせてガンプラでの商品化についても進行中で、映像とリンクしたアクション表現などを再現できるガンプラを目指して鋭意開発中とのこと。
今回、ティザービジュアルが公開されましたが、まだまだ謎の部分も多く今後の発表に期待しましょう!

IMG_3226-1
左が奥山清行氏、右はEXILE MAKIDAI氏がゲストで登場

ティザービジュアル横
気になるティザービジュアルも公開

 

●ガンダム40周年記念コラボレーションガンプラ企画スタート! https://bandai-hobby.net/gundam40th/
●バンダイホビーサイト https://bandai-hobby.net/

©創通・サンライズ

【業界ニュース】2018年話題になった9人の「変わり羽子板」を発表

今年で33回目を迎える久月の「変わり羽子板」が12月5日に東京・浅草橋の久月本社で発表されました。

「変わり羽子板」は、毎年12月に政治、経済、スポーツ、芸能、国際、社会の各分野から、その年を明るく盛り上げた話題の人物をテーマに制作しています。
2018年は9人を題材に9点を制作し、展示・公開をしました。

中でも安室奈美恵さんの「平成のHeroイン」や大坂なおみ選手の「大坂はんぱないって!」、尾畠春夫さんの「スーパーボランティア1号」などは注目を集めており、どれも印象に残る話題が取り上げられていました。

久月本店では発表当日の5~7日まで展示を行い、ニュースなどで作品を知った多くのお客さんが来店。リアルに描かれた羽子板に驚き、細部まで真剣に見たり、写真に撮るなどして楽しんでいました。
これらの9点の作品展示は巡回を予定しています。

久月変わり羽子板

久月 公式サイト https://www.kyugetsu.com/special/index.php

【業界ニュース】フィギュアの祭典メガホビEXPO開催、今年は10社が出展

ルービックキューブなどを手掛けるメガハウスが主催するフィギュアの祭典「メガホビEXPO2018Autumn」が東京・千代田区の秋葉原UDXで開催されました。
今回はメガハウスを含むアルター、ホビージャパン、寿屋、レボルブ、アニプレックス+、代々木アニメーション学院、リコルヌ、ストロンガー、初出展の電撃ホビーウェブ学院と10社が出展し、発売前の話題商品や注目商品などが展示されました。

特にメガハウスコーナーでは「P.O.P」シリーズなどこだわりの造形美を誇る大型商品から、デスクトップアーミーなどのフィギュアの世界への第1歩に最適な買い求めやすい価格帯の商品まで揃い踏み。さらにシリーズ10周年を迎えるヴァリアブルアクションシリーズは全商品を展示するとともに、「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC スーパーグランゾート」の彩色原型も初展示されるなどファン必見の展示もありました。
また会場ではステージイベントなども催されるなど、終日多くのファンで大盛況となりました。

monn kyaku 1
多数の来場者で大盛況となった会場の様子

zoro gura
写真左:「P.O.P ワンピース “SA-MAXIMUM”シリーズ ロロノア・ゾロ Ver. “三・千・世・界”!!!」(14,800円・2019年5月予定)
写真右:「ヴァリアブルアクション HI-SPEC 魔道王グランゾート スーパーグランゾート」(36,000円・2019年7月)

 

「メガホビEXPO 2018 Autumn」特設ページ https://www.megahobby.jp/event/expo2018_autumn/
● メガハウスのホビー、フィギュア製品を紹介する公式サイト「メガホビ」 https://www.megahobby.jp/

 

【業界ニュース】日本トイザらスがサンタクロース協会のオフィシャルパートナーに!

日本トイザらスは、グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部のオフィシャルパートナーになることが決定し、11月1日に「オフィシャルパートナー調印式」を行いました。今後の活動については、北海道から沖縄まで全国の30施設・600名以上の子ども達にパラダイス山元さんがクリスマスプレゼントのおもちゃを届けるほか、SNSを活用した募金キャンペーンを実施することなどが発表されました。

トイザらス

アジア地域で唯一のサンタクロース協会公認のサンタクロースのパラダイス山元さん(写真左)と、日本トイザらスのディーター・ハーベル社長

 

 

【業界ニュース】ガリットチュウ福島さんがデヴィ夫人姿で「バンクワン/バンクニャン」を紹介 !

あなたの貯金ライフをおせっかいにサポートする「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」(タカラトミーアーツ)の発売を記念して、新発売記念プレス発表会が10月31日に東京・秋葉原のアキバシアターで開催されました。

同商品はまるで生きているかのように目、耳、口を動かしておしゃべりする貯金箱。
話題の“IOT”技術を活用することで、天気やニュースなどの情報を教えてくれます。
また、話しかけると会話を楽しむことができるほか、人感センサーを搭載しているので、人の気配を感じて自ら話しかけてくれます。
100円玉専用のバンクワンは合計10,000円、500円玉専用のバンクニャンは合計50,000円を貯金でき、目標を達成すると特別なメッセージで一緒にお祝いしてくれます。

発表会にはお笑い芸人のガリットチュウ・福島善成さんが登場し、小銭を貯金するイメージが浮かびにくいデヴィ夫人の姿で新ネタを初披露。
発売日翌日の11月1日・ワンワンワンの日にちなんで、“99枚の100円玉が貯金されている11体のバンクワンに最後の100円玉を1枚ずつ11秒以内に貯金する”「バンクワンワンワンチャレンジ」に挑戦するなど、会場を大いに盛り上げました。

バンクワン・バンクニャン

写真左はタカラトミーアーツの宇佐美社長と写真右はガリットチュウの福島さん。発売日翌日が11月1日ワンワンワンの日ということもあり、犬好きとしても有名なデヴィ夫人になりきって商品の魅力を伝えました。

 

「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」公式サイト
https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/bankwannyan/
※福島さんが変装モノマネをした、デヴィ夫人とアーティストのGACKTさんのPR動画をサイトで公開中です。

 

【業界ニュース】PS4のゲーム最新情報が続々、セガからはキムタク主演ソフトも登場

プレイステーション4(PS4)の最新ソフトの映像が楽しめるライブショーイベントの「PlayStation® LineUp Tour」が9月10日に東京・港区の東京ミッドタウン・ホールで開催されました。
来場者はワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)型のスペースシップの一員として宇宙旅行に参加し、多彩な惑星の数々を巡る中で出会う最新ソフトウェアタイトルの映像を体験していくというもの。抽選で選ばれた一般来場者らが見守る中、大画面には次々と最新タイトルの映像が登場すると、その映像美や展開に会場の大きな盛り上がりを見せ、あっという間の1時間となりました。

DSC_0375

その後、サプライズイベントとしてセガゲームスが開発を進めている「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会が開催されました。本作の主人公役を務める木村拓哉さんをはじめ、中尾彬さん、谷原章介さん、滝藤賢一さんなどのキャスト陣が登場し会場のボルテージも最高潮に。物語は現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う本格リーガルサスペンスアクションが展開され、新感覚の調査アクションなどこれまでにない様々な魅力が満載です。
発売日は12月13日ですが体験版は9月10日から配信されていますのでぜひプレイしてみてください。

DSC_0457  17_キービジュアル
キャスト陣らによるフォトセッション(左)、本作のキービジュアル(右)

9月20~23日にはゲームの国内最大規模の祭典「東京ゲームショウ」が千葉の幕張メッセで開催されます。最新情報や新作ソフトの試遊もでき、驚きや楽しさなどゲームの新たな魅力に出会えること間違いなしです。

 

PlayStation® LineUp Tour 特集サイト
https://www.jp.playstation.com/psblog/pickup/playstationlineuptour-2018/

東京ゲームショー2018 公式サイト https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/public/

 

【業界ニュース】妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチワールド」配信開始

今年で5周年を迎える「妖怪ウォッチ」。
その5周年を記念したスマホ向けゲームアプリ「妖怪ウォッチワールド」が、6月27日に行われた妖怪ウォッチワールド完成披露発表会でお披露目され、同日配信も開始されました。

今作はガンホーとレベルファイブの共同開発による妖怪ウォッチ初のGPS機能を使った妖怪探索位置ゲームとなり、舞台は現実の日本。お馴染みのジバニャンやコマさんなど全国に放たれた個性豊かな妖怪たちを3Dマップから探し出し、サーチを行うとARにより妖怪たちが現実世界に出現するのでバトルを行いながら仲間をどんどん集めていきます。「Google Maps Platform」の最新技術を採用しているので、従来の位置情報ゲーム以上に立体的でリアルなマップの中でゲームが楽しめます。
特徴的なのは、自分が持っている妖怪を他のプレイヤーに取り憑けて全国各地の妖怪を連れて帰ってきてもらう「取り憑け(ヒョーイ)」機能。実際に遠くに行けなくてもヒョーイ機能で全国各地の妖怪に出会うことができるので、どんどん活用していきましょう。
また、強力妖怪とのバトルやゲーム内イベントなども満載で、またファミリーマートやNTTドコモ、コロコロコミックなどとのコラボレーションも行われる予定で、今後も増々盛り上がっていくことでしょう。

001_妖怪ウォッチ-ワールドキービジュアル

DSC_0158
YouTuberのHIKAKINさんがゲームのチュートリアルを担当

DSC_0207
ガンホー代表取締役社長CEO/エグゼクティブプロデューサー 森下一喜氏(左)
レベルファイブ代表取締役社長/CEO 日野晃博氏(右)

 

妖怪ウォッチ ワールド 公式サイト https://youkaiww.gungho.jp/
妖怪ワールド presented by 妖怪ウォッチ http://youkai-world.com/

 

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©LEVEL-5 Inc.