ƊEj[X

【業界ニュース】2018年話題になった9人の「変わり羽子板」を発表

今年で33回目を迎える久月の「変わり羽子板」が12月5日に東京・浅草橋の久月本社で発表されました。

「変わり羽子板」は、毎年12月に政治、経済、スポーツ、芸能、国際、社会の各分野から、その年を明るく盛り上げた話題の人物をテーマに制作しています。
2018年は9人を題材に9点を制作し、展示・公開をしました。

中でも安室奈美恵さんの「平成のHeroイン」や大坂なおみ選手の「大坂はんぱないって!」、尾畠春夫さんの「スーパーボランティア1号」などは注目を集めており、どれも印象に残る話題が取り上げられていました。

久月本店では発表当日の5~7日まで展示を行い、ニュースなどで作品を知った多くのお客さんが来店。リアルに描かれた羽子板に驚き、細部まで真剣に見たり、写真に撮るなどして楽しんでいました。
これらの9点の作品展示は巡回を予定しています。

久月変わり羽子板

久月 公式サイト https://www.kyugetsu.com/special/index.php

【業界ニュース】フィギュアの祭典メガホビEXPO開催、今年は10社が出展

ルービックキューブなどを手掛けるメガハウスが主催するフィギュアの祭典「メガホビEXPO2018Autumn」が東京・千代田区の秋葉原UDXで開催されました。
今回はメガハウスを含むアルター、ホビージャパン、寿屋、レボルブ、アニプレックス+、代々木アニメーション学院、リコルヌ、ストロンガー、初出展の電撃ホビーウェブ学院と10社が出展し、発売前の話題商品や注目商品などが展示されました。

特にメガハウスコーナーでは「P.O.P」シリーズなどこだわりの造形美を誇る大型商品から、デスクトップアーミーなどのフィギュアの世界への第1歩に最適な買い求めやすい価格帯の商品まで揃い踏み。さらにシリーズ10周年を迎えるヴァリアブルアクションシリーズは全商品を展示するとともに、「ヴァリアブルアクション Hi-SPEC スーパーグランゾート」の彩色原型も初展示されるなどファン必見の展示もありました。
また会場ではステージイベントなども催されるなど、終日多くのファンで大盛況となりました。

monn kyaku 1
多数の来場者で大盛況となった会場の様子

zoro gura
写真左:「P.O.P ワンピース “SA-MAXIMUM”シリーズ ロロノア・ゾロ Ver. “三・千・世・界”!!!」(14,800円・2019年5月予定)
写真右:「ヴァリアブルアクション HI-SPEC 魔道王グランゾート スーパーグランゾート」(36,000円・2019年7月)

 

「メガホビEXPO 2018 Autumn」特設ページ https://www.megahobby.jp/event/expo2018_autumn/
● メガハウスのホビー、フィギュア製品を紹介する公式サイト「メガホビ」 https://www.megahobby.jp/

 

【業界ニュース】日本トイザらスがサンタクロース協会のオフィシャルパートナーに!

日本トイザらスは、グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部のオフィシャルパートナーになることが決定し、11月1日に「オフィシャルパートナー調印式」を行いました。今後の活動については、北海道から沖縄まで全国の30施設・600名以上の子ども達にパラダイス山元さんがクリスマスプレゼントのおもちゃを届けるほか、SNSを活用した募金キャンペーンを実施することなどが発表されました。

トイザらス

アジア地域で唯一のサンタクロース協会公認のサンタクロースのパラダイス山元さん(写真左)と、日本トイザらスのディーター・ハーベル社長

 

 

【業界ニュース】ガリットチュウ福島さんがデヴィ夫人姿で「バンクワン/バンクニャン」を紹介 !

あなたの貯金ライフをおせっかいにサポートする「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」(タカラトミーアーツ)の発売を記念して、新発売記念プレス発表会が10月31日に東京・秋葉原のアキバシアターで開催されました。

同商品はまるで生きているかのように目、耳、口を動かしておしゃべりする貯金箱。
話題の“IOT”技術を活用することで、天気やニュースなどの情報を教えてくれます。
また、話しかけると会話を楽しむことができるほか、人感センサーを搭載しているので、人の気配を感じて自ら話しかけてくれます。
100円玉専用のバンクワンは合計10,000円、500円玉専用のバンクニャンは合計50,000円を貯金でき、目標を達成すると特別なメッセージで一緒にお祝いしてくれます。

発表会にはお笑い芸人のガリットチュウ・福島善成さんが登場し、小銭を貯金するイメージが浮かびにくいデヴィ夫人の姿で新ネタを初披露。
発売日翌日の11月1日・ワンワンワンの日にちなんで、“99枚の100円玉が貯金されている11体のバンクワンに最後の100円玉を1枚ずつ11秒以内に貯金する”「バンクワンワンワンチャレンジ」に挑戦するなど、会場を大いに盛り上げました。

バンクワン・バンクニャン

写真左はタカラトミーアーツの宇佐美社長と写真右はガリットチュウの福島さん。発売日翌日が11月1日ワンワンワンの日ということもあり、犬好きとしても有名なデヴィ夫人になりきって商品の魅力を伝えました。

 

「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」公式サイト
https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/bankwannyan/
※福島さんが変装モノマネをした、デヴィ夫人とアーティストのGACKTさんのPR動画をサイトで公開中です。

 

【業界ニュース】PS4のゲーム最新情報が続々、セガからはキムタク主演ソフトも登場

プレイステーション4(PS4)の最新ソフトの映像が楽しめるライブショーイベントの「PlayStation® LineUp Tour」が9月10日に東京・港区の東京ミッドタウン・ホールで開催されました。
来場者はワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)型のスペースシップの一員として宇宙旅行に参加し、多彩な惑星の数々を巡る中で出会う最新ソフトウェアタイトルの映像を体験していくというもの。抽選で選ばれた一般来場者らが見守る中、大画面には次々と最新タイトルの映像が登場すると、その映像美や展開に会場の大きな盛り上がりを見せ、あっという間の1時間となりました。

DSC_0375

その後、サプライズイベントとしてセガゲームスが開発を進めている「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会が開催されました。本作の主人公役を務める木村拓哉さんをはじめ、中尾彬さん、谷原章介さん、滝藤賢一さんなどのキャスト陣が登場し会場のボルテージも最高潮に。物語は現代の東京を舞台に連続猟奇殺人の謎を追う本格リーガルサスペンスアクションが展開され、新感覚の調査アクションなどこれまでにない様々な魅力が満載です。
発売日は12月13日ですが体験版は9月10日から配信されていますのでぜひプレイしてみてください。

DSC_0457  17_キービジュアル
キャスト陣らによるフォトセッション(左)、本作のキービジュアル(右)

9月20~23日にはゲームの国内最大規模の祭典「東京ゲームショウ」が千葉の幕張メッセで開催されます。最新情報や新作ソフトの試遊もでき、驚きや楽しさなどゲームの新たな魅力に出会えること間違いなしです。

 

PlayStation® LineUp Tour 特集サイト
https://www.jp.playstation.com/psblog/pickup/playstationlineuptour-2018/

東京ゲームショー2018 公式サイト https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/public/

 

【業界ニュース】妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチワールド」配信開始

今年で5周年を迎える「妖怪ウォッチ」。
その5周年を記念したスマホ向けゲームアプリ「妖怪ウォッチワールド」が、6月27日に行われた妖怪ウォッチワールド完成披露発表会でお披露目され、同日配信も開始されました。

今作はガンホーとレベルファイブの共同開発による妖怪ウォッチ初のGPS機能を使った妖怪探索位置ゲームとなり、舞台は現実の日本。お馴染みのジバニャンやコマさんなど全国に放たれた個性豊かな妖怪たちを3Dマップから探し出し、サーチを行うとARにより妖怪たちが現実世界に出現するのでバトルを行いながら仲間をどんどん集めていきます。「Google Maps Platform」の最新技術を採用しているので、従来の位置情報ゲーム以上に立体的でリアルなマップの中でゲームが楽しめます。
特徴的なのは、自分が持っている妖怪を他のプレイヤーに取り憑けて全国各地の妖怪を連れて帰ってきてもらう「取り憑け(ヒョーイ)」機能。実際に遠くに行けなくてもヒョーイ機能で全国各地の妖怪に出会うことができるので、どんどん活用していきましょう。
また、強力妖怪とのバトルやゲーム内イベントなども満載で、またファミリーマートやNTTドコモ、コロコロコミックなどとのコラボレーションも行われる予定で、今後も増々盛り上がっていくことでしょう。

001_妖怪ウォッチ-ワールドキービジュアル

DSC_0158
YouTuberのHIKAKINさんがゲームのチュートリアルを担当

DSC_0207
ガンホー代表取締役社長CEO/エグゼクティブプロデューサー 森下一喜氏(左)
レベルファイブ代表取締役社長/CEO 日野晃博氏(右)

 

妖怪ウォッチ ワールド 公式サイト https://youkaiww.gungho.jp/
妖怪ワールド presented by 妖怪ウォッチ http://youkai-world.com/

 

©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©LEVEL-5 Inc.

【業界ニュース】「ペッパピッグ」のおもちゃ発売を記念したイベント大盛況!

英国発の人気幼児向けキャラクター「ペッパピッグ」のおもちゃ発売を記念したイベントが6月23日、東京・港区のアクアシティお台場で行われました。

右から鈴木楽くん、関根麻里さん、青山ららちゃん、日本トイザらスバイスプレジデント マーチャンダイズ本部長 飯田健作氏、セガトイズ社長 佐々木章人氏、A応Pメンバー

右から鈴木楽くん、関根麻里さん、青山ららちゃん、おもちゃを販売する日本トイザらスバイスプレジデント マーチャンダイズ本部長 飯田健作氏、おもちゃメーカーのセガトイズ社長 佐々木章人氏、A応Pメンバー3人

「ペッパピッグ」はかわいい元気な子ブタの女の子ペッパとその家族である弟のジョージ、マミーピッグ、ダディピッグの日常を描いたアニメ作品で、現在180ヵ国で放送されています。英国アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞しており、英国のロイヤルファミリーも大ファン。日本では昨年10月からテレビ東京系で放送がスタートしています。

今回のイベントはそうした「ペッパピッグ」のおもちゃが日本で発売になるのを記念し行われたもので、ゲストにはペッパの声優を務める青山ららちゃんや、ジョージの声を担当する鈴木楽くん、タレントの関根麻里さん、アイドルグループA応Pのメンバーなどが登場。トークショーや観客として集まった子ども達を交えた英語での手遊び歌などのイベントを通して「ペッパピッグ」の魅力をアピールしました。

●セガトイズ 「ペッパピッグ」商品サイト http://www.segatoys.co.jp/peppapig/

 

【業界ニュース】エポック社創業60周年記念イベント開催、進化した「野球盤」が登場!

エポック社の創業60周年記念イベントが6月5日、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で開催され、ゲストに関根勤さん・麻里さん親子、神スウィングで話題となった稲村亜美さんが登場しました。

左から、ショコラウサギちゃん、関根麻里さん、関根勤さん、前田道裕社長、稲村亜美さん

左から、ショコラウサギちゃん、関根麻里さん、関根勤さん、前田道裕社長、稲村亜美さん

創業年の1958年に発売されたのが、3世代に渡って愛されている「野球盤」。登壇した前田道裕社長は「60周年にふさわしい3つの特別な企画を用意しました」と語り、その1つとして、9コースのストライクゾーンを投げ分けられるなど新機能を備えた野球盤の新製品「野球盤3Dエース モンスターコントロール」が発表されました。

関根勤さんは、初代野球盤のCMに出演した長嶋茂雄さんからのお祝いメッセージをモノマネで代読し、さらに稲村亜美さんとの野球盤対決で勝利を収め、お孫さんへのプレゼントを見事獲得!

イベントではその他の特別企画として、プロ野球の記録や記憶など記念すべきシーンを72時間完全受注販売でオンデマンド生産するプロ野球トレーディングカード「EPOCH-ONE(エポック・ワン)」、6月23日にオープンするシルバニアファミリーの仲間達が暮らすシルバニア村を再現したテーマパーク「シルバニアパーク」(茨城県稲敷市・こもれび森のイバライド内)も紹介されました。

●エポック社 60周年記念サイト http://epoch.jp/60th/
●野球盤 公式サイト http://epoch.jp/ty/yakyuban/
●シルバニアファミリー 公式サイト http://sylvanian-families.jp/
●EPOCH-ONE 公式サイト https://epoch-card.com/shop/default.aspx

 

【業界ニュース】「第23回文房具アイデアコンテスト」結果発表!

サンスター文具が主催する恒例の「第23回文房具アイデアコンテスト」の表彰式が、5月27日に東京・渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで行われました。

このコンテストは「企画とアイデアで挑戦し続ける」という理念から生まれ、今年で23回を迎えました。
毎年テーマに沿った文房具のアイデアを募集しており、小学生から大人まで幅広い年齢層からプロ・アマ問わず参加できる点も魅力の一つとなっています。

今年のテーマは「ぴったり」。応募総数 3,614点(ジュニア部門1,902作品、一般部門1,712作品)の中から、ジュニア部門11作品、一般部門10作品が グランプリ 他、各賞に選ばれました。
ジュニア部門グランプリは、アクアリウムの世界観を表現した「金魚リウムペンケース」が、一般部門グランプリは、本やノートから飛び出さずに貼れるふせん「小口の附箋」が受賞しました。

総評では、「コンテスト自体がものすごく高度なものになっており、惜しくも受賞できなかった作品が多数ありました」「ぴったりすると気持ち良い、そんな心が洗われる・スッキリするデザインや名前を聞いただけでどんな商品かが分かるようなネーミング付けも素晴らしいと思います」などのコメントがあり、表彰式の最後には次回開催が発表され「今後にも期待しています」と参加者への激励の言葉が添えられました。

webサンスター文具アイデアコンテスト

サンスター文具アイデアコンテスト_金魚リウムペンケース

ジュニア部門グランプリの「金魚リウムペンケース」。デザインをした築地彩さんは同コンテストでは2度目の受賞で「将来の夢がイラストレーターなのでもっと受賞したいです」と来年のコンテストへの熱い意気込みも語っていました

サンスター文具アイデアコンテスト_小口の附箋

一般部門グランプリの「小口の附箋」。デザインをした山下大地さんは「本を読んでいるときに附箋が飛び出していること、その本を持ち歩くのが嫌で思いつきました。大学でデザインの勉強をしているのでこれからも良い商品をデザインできるように頑張ります」とコメントしていました

また、今回のジュニア部門では、人気TV番組「ポチっと発明!ピカちんキット」の「ピカちん研究室」に登場する「ピカちんズ」の2人が登場し、「ピカちんズ賞」の表彰を行い会場を沸かせていました。

webピカちんDSC_0128

ピカちんズ賞の発表では笑いが絶えないトークが繰り広げられました

 

「第23回サンスター文具アイデアコンテスト」
公式サイト http://www.sun-star-st.jp/news/61/23th_prize.html

【業界ニュース】アメコミ・洋画フィギュアが約300体集合!「タマシイコミ魂」

バンダイスピリッツのアメコミや洋画のフィギュアを展示するイベント「TAMASHII Comic-Con –タマシイ コミ魂–」が5月25~27日、東京・渋谷区の渋谷キャストで開催され、会場内には約300体のフィギュアやジオラマが並びました。

また、24日には新ブランド発表会が行われ、超合金とアメコミキャラクターをコラボレーションさせた「超合金HEROES」を発表。ゲストとして女優の飯豊まりえさんが登場し、イベントに華を添えました。

イベントに備え、前日に映画を見て予習したという飯豊さん。会場内のフィギュアについて、「映画で見たキャラクター達がそのままフィギュアになっていて感動しました」と驚いた様子で語りました。

イベントに登場した飯豊まりえさん

イベントに登場した飯豊まりえさん

C_HERO_IRONMAN50_02C_HERO_Deadpool_03
発表された「超合金HEROES アイアンマンマーク50/デッドプール」(各2,700円・11月発売予定)  ©MARVEL

飯豊さんが一番お気に入りだという「ホークアイ」のフィギュアも展示された
飯豊さんが一番お気に入りだというアベンジャーズの「ホークアイ」のフィギュアも展示された

 

「TAMASHII Comic-Con –タマシイ コミ魂–」
公式サイト http://tamashii.jp/special/tamashii_comic-con/

「魂ウェブ」 公式サイト http://tamashii.jp/