ƊEj[X

【業界ニュース】いよいよ「シルバニアファミリー展」が始まりました!

1985年にエポック社から発売されたシルバニアファミリー。9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というラインナップでスタートし、現在までに約70種類の家族、約100種類のお家やお店、約230種類の家具などが登場しています。発売から34年が経ち、60を超える国と地域で親しまれ、世界累計販売数は人形で1億5,000万体以上にものぼっています。

そして本日3月13日から、国内で販売された商品を中心に1,000点以上が一堂に会した大規模展覧会「シルバニアファミリー展」が東京・松屋銀座8Fイベントスクエアで開催されています。子どもの頃に遊んだ懐かしい人形やハウスに出会えるほか、デザイナーの篠原ともえさんがデザイン・監修した特別なシルバニアファミリーの展示、シルバニア村を再現した大型ジオラマ、ドールハウス作家による新作など、見どころがいっぱい。さらに会場内のショップでは展覧会限定商品約250点も販売しています。

会期は3月13~25日(10時~20時、17日・24日は19時30分まで)。可愛さと美しさを追求し続けてきたシルバニアファミリーの世界を存分に堪能できる展示会となっていますので、ぜひ足を運んでみて下さい!

南沢さん&丸山さん 初代ラインナップ篠原ともえ×シルバニアファミリー 限定品
写真左上:オープニングイベントに登場した女優の南沢奈央さん(右)とタレントで元なでしこジャパンの丸山桂里奈さん、写真右上:1985年新発売時のラインナップ
写真左下:「mode」をテーマにした特別展示の篠原ともえ×シルバニアファミリー、写真右下:展覧会限定人形「ショコラウサギファミリー」

●シルバニアファミリー展
https://www.sylvanianfamilies.com/ja-jp/special/event/190115_sften/

©EPOCH

【業界ニュース】東京スカイツリーでバービー60周年記念イベント開催

東京スカイツリーの地上450mにある展望回廊がバービーでいっぱいに!

3月6日~5月6日の期間で、バービーのデビュー60周年記念イベント「Barbie Loves TOKYO SKYTREE RUNWAY」が開催されています。展望回廊はファッションショーのランウェイに見立てた装飾が施され、バービーのピンクのシューズのオブジェやカラフルなクローゼットなどの撮影ポイントなどもあります。そして特設ショップではここでしか買えない限定デザインのグッズが販売されているほか、展望デッキフロアにあるカフェではバービーとコラボしたメニューも楽しめます。

 バービーのシューズをイメージしたオブジェに座って写真が撮れます
写真左)ランウェイに見立てた約110m続く展望回廊では壁面に様々な職業のバービーが登場
写真右)バービーのシューズをイメージしたオブジェに座れる撮影スポット

初日の6日には取材会が行われ、ゲストとして黒柳徹子さんが登場。世界で1体しかない黒柳さんをモデルにした「One of a kind doll」が披露されると、「玉ねぎ頭がとても良くできていてびっくり。私がニューヨークで着ていた着物を再現してくれて、帯まで本当に同じ」と大感激の様子でした。

おめでたい時に着るという紅白のスパンコールがたくさんついた衣装で登場
おめでたい時に着るという紅白のスパンコールがたくさんついた衣装で登場

●Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY
http://www.tokyo-skytree.jp/event/special/barbie2019/

 

©2019 Mattel. All Rights Reserved. ©TOKYO-SKYTREE

【業界ニュース】「ムーミンバレーパーク」3月16日に埼玉・飯能にオープン

「ムーミンバレーパーク」が埼玉・飯能市の宮沢湖畔に3月16日にオープンします。
オープンに先駆けて3月5日に行われたプレス向け先行内覧会に行ってきました。

「ムーミンバレーパーク」は、昨年11月にオープンした森と湖に囲まれた、北欧時間を体感できる施設「メッツァ」内にあります。

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパークは大きく分けて「POUKAMA/はじまりの入り江エリア」(レストランやグッズ販売など)、メインエリアである「MUUMILAAKSO/ムーミン谷エリア」(エンマの劇場や忠実に再現されたムーミン屋敷など)、「KOKEMUS/コケムス」(フィンランド語で体験を意味する言葉、地上3F建ての展示施設)、「YKSINÄISET VUORET/おさびし山エリア」(子ども達が自然の中で元気いっぱい体を動かして遊べるエリア)の4つがあります。

忠実に再現されたムーミン屋敷

忠実に再現されたムーミン屋敷

自然に囲まれたパークでは、身体を動かす遊びから絵付けまで様々な体験ができます。
忠実に再現されたムーミン屋敷には、ツアーに参加すれば屋敷内を細かく見ることができます。
さらに屋外ステージ「エンマの劇場」では、ムーミン達のステージショーが楽しめます。
ペットと一緒に来場でき、しかも施設内では写真撮影や動画撮影もOK。ムーミンパークで楽しい体験をしてみませんか?

入園料は大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳以上小学生以下)1,000円、3歳以下は無料。他に一部有料アトラクションあり。なおチケットはオンラインでも発売しており、事前予約が可能です。

ショップではたくさんのムーミングッズを販売。限定品も

ショップでは限定品をはじめ たくさんのムーミングッズを販売

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

「ムーミンバレーパーク」公式サイト https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

 

【業界ニュース】ホビーの楽しさが体験できる「つくるのホントを知ってるかい?展」開催

BANDAI SPIRITSはホビーの楽しさを追求する『「つくる」のホントを知ってるかい?展』を東京・文京区の東京ドームシティ Gallery AaMoで2月15~17日に開催します。
会場にはガンダムなどのプラモデル商品のほかにも、本物そっくりの柿の種やハーモニカなども展示されるとともにプラモ体験ワークショップなどの体験会も行われます。

また、それに先立ち行われたBANDAI SPIRITS「FUNPORTER」新ブランド発表会では、6月発売の新商品「30MINUTES MISSIONS」の発表も行われました。
わかりやすいランナー配置が最大の特長で、自由にカスタマイズできる共通関節や塗装なしで楽しめる豊富なカラーバリエーションが特長で価格は1,280円となります。さらに、注目は動力ユニットを使って動くプラモデル「MOVER PROJECT」で、会場内には参考出品として4足歩行のプラモデルが展示されています。

この週末はぜひ会場まで足を運んでプラモデルの楽しさを体感してみてはいかがでしょうか。

kaijou 柿の種
写真左:会場の様子
写真右:柿の種とプラモデルの柿の種(右がプラモデルです)

1 3
写真左:会場に展示された「MOVER PROJECT」の参考品
写真右:「30MINUTES MISSIONS」

 

●『「つくる」のホントを知ってるかい?展 』特設サイト  https://bandai-hobby.net/site/funporter/

 

©BANDAI SPIRITS2019

【業界ニュース】アニメーション映画「二ノ国」発表

2月9日に東京・新宿区の新宿ミライナタワーでワーナーブラザース映画新プロジェクト製作発表が行われ、アニメーション映画「二ノ国」の製作が発表されました。

「二ノ国」は製作総指揮/の原案・脚本には妖怪ウォッチなどを生み出したレブルファイブ代表取締役社長CEOの日野晃博社長、監督はスタジオジプリやスタジオポノックなどで数々の名作に携わった百瀬義行氏、音楽は久石譲氏が担当します。また、主人公の声優を務めるのは数多くのテレビや映画などで主演を務め、今最も注目の俳優の一人である山崎賢人さん。山崎さんは今作が声優初挑戦となります。

日本を代表するドリームメーカーが集結した今作がどのようなものとなるのか、2019年夏全国ロードショーとなりますので期待しましょう。

DSC_1133WEB DSC_1154web
左写真:左から山﨑賢人さん、日野晃博氏、百瀬義行氏、ワーナー・ブラザースジャパン/エグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦氏
右写真:主人公のユウの画像と山﨑賢人さん

 

映画『二ノ国』 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

 

©2019 映画「二ノ国」製作委員会

【業界ニュース】タカラトミーがプラレール60周年でJR東日本と特別企画展を両国駅で開催

タカラトミーのプラレールが今年60周年を迎えます。
子ども達はもちろん、お父さんやお祖父さんももしかしたら、子どもの頃に遊んだことがあるかもしせません。
タカラトミーでは、60周年を記念して、今年は年間を通して様々な周年事業を展開していきます。

その大型イベントの1つとして開催されているのが「プラレール60周年×JR東日本 特別企画展『両国 プラレール駅』」で、2月9日から4月7日までR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」特設会場で開催中です。

開催前日の8日には、この特別企画展を記念したセレモニーがJR両国駅で開催されました。

会場には全長9メートルにおよぶ壁一面には260車両以上のプラレールが展示されているほか、巨大ジオラマやプレイコーナーも。
さらにフォトスポットや限定ノベルティがもらえるアトラクションコーナーなど遊びも充実しています。
もちろん様々なプラレールのおもちゃや関連商品も販売しており、プラレールファンの子どもだけでなく、鉄道好きな大人まで楽しめる内容になっています。

春休みを利用して、ぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

プラ3

プラ1

プラ2

●特別企画展「両国 プラレール駅」公式サイト
https://ryougoku-plarail-station.com/

●「プラレール60周年」公式サイト
https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/60th/index.htm

 

【業界ニュース】バディファイトにコナンが登場!ブシロードTCG戦略発表会開催

ブシロードは、自社が展開するTCG(トレーディングカードゲーム)各タイトルの今後の展開などを発表する「ブシロードTCG戦略発表会2019春」を2月5日に東京・千代田区の秋葉原UDXで開催しました。

バディファイト、ヴァイスシュバルツ、ヴァンガードなどの各タイトルについて色々な発表がありましたが、特に注目は人気キャラクターとのコラボレーション。バディファイトにはなんと子どもから大人まで大人気を誇っている「名探偵コナン」が登場し、4月12日にトライアルデッキクロス2種やアルティメットブースタークロス第1弾、サプライ商品などのコラボレーション商品が発売予定です。
さらにヴァイスシュバルツも「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」、「カードチャプターさくらクリアカード編」など人気キャラクターとのコラボレーション商品が登場予定で、より話題性に富んだ商品ラインナップが発表され期待も大です。

その他、5月3・4日に東京・江東区の東京ビッグサイトで開催される「大ヴァンガ祭×大バディ祭2019」などイベント情報も目白押し。各TCGの新情報が気になる方はブシロード公式HPへGO!

IMG_0137ウェブ用
イベント後には木谷高明取締役(右から3番目)や各TCGのプロデューサー、ゲスト声優らによる記念撮影が行われた

 

ブシロードTCG戦略発表会2019春 https://bushiroad.com/presentation2019s
ブシロード 公式サイト https://bushiroad.com/

 

©bushiroad All Rights Reserved.

 

【業界ニュース】ガンダム40周年を記念したコラボレーション企画を発表

「ガンダム40周年コラボレーション商品発表会」が東京・江東区のダイバーシティ東京内にあるガンダムベース東京で1月30日に開催されました。

1979年にTV放送が開始された機動戦士ガンダムの40周年を記念した「機動戦士ガンダム40周年記念KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトスペシャルムービー」の制作やプロ野球12球団、ユニクロ、ポチっと発明 ピカちんキットとのコラボレーション企画などが発表されました。

スペシャルムービーに登場するガンダムは、これまでにフェラーリ・エンツォやマセラティ・クアトロポルテなど数多くのデザインを手掛けてきた日本を代表する工業デザイナーの奥山清行氏がデザインを担当。奥山氏が本気でプロダクトとしてのガンダムを検証しデザインしたらどうなるのかという特別企画であり、映像と合わせてガンプラでの商品化についても進行中で、映像とリンクしたアクション表現などを再現できるガンプラを目指して鋭意開発中とのこと。
今回、ティザービジュアルが公開されましたが、まだまだ謎の部分も多く今後の発表に期待しましょう!

IMG_3226-1
左が奥山清行氏、右はEXILE MAKIDAI氏がゲストで登場

ティザービジュアル横
気になるティザービジュアルも公開

 

●ガンダム40周年記念コラボレーションガンプラ企画スタート! https://bandai-hobby.net/gundam40th/
●バンダイホビーサイト https://bandai-hobby.net/

©創通・サンライズ

【業界ニュース】2018年のガンプラの世界一が決定、オープンコースは日本代表が優勝

ガンプラファンを熱狂させる12月恒例のスペシャルイベント「ガンプラビルダーズワールドカップ世界大会決勝戦」が12月9日に東京・江東区のダイバーシティ東京内にあるTHE GUNDAM BASE TOKYOで開催されました。
今大会は今年で第8回目の開催となり、14歳以下のジュニアコースと15歳以上のオープンコースに分かれてガンプラの工作技術や塗装技術、アイデアなどを競いガンプラ世界チャンピオンを決める大会となります。ガンプラは海外ファンも多く、今大会も16の国と地域にある世界約20都市で海外エリアの地区予選を行うなど海外からの参戦も多いのも特徴です。
決勝大会では各予選大会を勝ち抜いたジュニアコース12作品、オープンコース16作品が一堂に集結。特別審査員にアニメーション監督の大張正己さんを迎えて「メンズビゲン賞」「THE GUNDAM BASE賞」「特別審査員賞」などの各賞に続いて1~3位の発表が行われました。
今回見事にチャンピオンの座についたのは、ジュニアコースがインドネシア代表のマーク アレクサンダー イルワントさんの「ビルドダイバーズ ファンタジー」、オープンコースが日本代表のユウスケ サトウさんの「ガンダムエクシアリペアⅡ-胎動-」。両作品ともに工作、塗装、アイデアなど各項目で高得点を重ねるとともにその完成度の高さなども評価されての優勝となりました。
優勝作品を始め各作品は12月10日~1月28日までTHE GUNDAM BASE TOKYOで見ることができるので興味がある方はぜひ。その完成度の高さに圧倒されてしまいそうになるでしょう(笑)

ganndamu hyoushou

左:オープンコース優勝のユウスケ サトウさん、右ジュニアコース優勝のマーク アレクサンダー イルワントさん

SONY DSC

オープンコース1位「ガンダムエクシアリペアⅡ-胎動-」

インドネシア

ジュニアコース1位「ビルドダイバーズ ファンタジー」

 

●GBWC2018 世界チャンピオン決定! https://bandai-hobby.net/GBWC/japan/
●ガンプラビルダーズワールドカップ2018公式サイト https://bandai-hobby.net/GBWC/index.html

 

【業界ニュース】2018年話題になった9人の「変わり羽子板」を発表

今年で33回目を迎える久月の「変わり羽子板」が12月5日に東京・浅草橋の久月本社で発表されました。

「変わり羽子板」は、毎年12月に政治、経済、スポーツ、芸能、国際、社会の各分野から、その年を明るく盛り上げた話題の人物をテーマに制作しています。
2018年は9人を題材に9点を制作し、展示・公開をしました。

中でも安室奈美恵さんの「平成のHeroイン」や大坂なおみ選手の「大坂はんぱないって!」、尾畠春夫さんの「スーパーボランティア1号」などは注目を集めており、どれも印象に残る話題が取り上げられていました。

久月本店では発表当日の5~7日まで展示を行い、ニュースなどで作品を知った多くのお客さんが来店。リアルに描かれた羽子板に驚き、細部まで真剣に見たり、写真に撮るなどして楽しんでいました。
これらの9点の作品展示は巡回を予定しています。

久月変わり羽子板

久月 公式サイト https://www.kyugetsu.com/special/index.php