ƊEj[X

【業界ニュース】「ムーミンバレーパーク」3月16日に埼玉・飯能にオープン

「ムーミンバレーパーク」が埼玉・飯能市の宮沢湖畔に3月16日にオープンします。
オープンに先駆けて3月5日に行われたプレス向け先行内覧会に行ってきました。

「ムーミンバレーパーク」は、昨年11月にオープンした森と湖に囲まれた、北欧時間を体感できる施設「メッツァ」内にあります。

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパーク入口では、ムーミンたちが描かれているブック型のオブジェがお出迎え

ムーミンバレーパークは大きく分けて「POUKAMA/はじまりの入り江エリア」(レストランやグッズ販売など)、メインエリアである「MUUMILAAKSO/ムーミン谷エリア」(エンマの劇場や忠実に再現されたムーミン屋敷など)、「KOKEMUS/コケムス」(フィンランド語で体験を意味する言葉、地上3F建ての展示施設)、「YKSINÄISET VUORET/おさびし山エリア」(子ども達が自然の中で元気いっぱい体を動かして遊べるエリア)の4つがあります。

忠実に再現されたムーミン屋敷

忠実に再現されたムーミン屋敷

自然に囲まれたパークでは、身体を動かす遊びから絵付けまで様々な体験ができます。
忠実に再現されたムーミン屋敷には、ツアーに参加すれば屋敷内を細かく見ることができます。
さらに屋外ステージ「エンマの劇場」では、ムーミン達のステージショーが楽しめます。
ペットと一緒に来場でき、しかも施設内では写真撮影や動画撮影もOK。ムーミンパークで楽しい体験をしてみませんか?

入園料は大人(中学生以上)1,500円、子ども(4歳以上小学生以下)1,000円、3歳以下は無料。他に一部有料アトラクションあり。なおチケットはオンラインでも発売しており、事前予約が可能です。

ショップではたくさんのムーミングッズを販売。限定品も

ショップでは限定品をはじめ たくさんのムーミングッズを販売

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

KOKEMUSの展示施設ではムーミンの世界を満喫できる。作者トーベ・ヤンソンの貴重な作品を展示したコーナーも

「ムーミンバレーパーク」公式サイト https://metsa-hanno.com/moominvalleypark/