ƊEj[X

【業界ニュース】実物大ガンダムの動く姿がついに12月19日より期間限定で公開

「機動戦士ガンダム 40 周年プロジェクト」の一環として進められてきた18mの実物大ガンダムの動く姿が体感できる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が神奈川・横浜市の山下ふ頭に12月19日についにオープンしました。エリア内には動くガンダムの仕組みが学べる展示施設や限定グッズも扱うショップやカフェなども入っており、2022年3月31日まで期間限定で開催されます。
オープン前日の18日にはオープニングセレモニーも行われ、実物大ガンダムにパイロットが乗り込み、両足を動かす、膝を曲げてしゃがみ込む、立ち上がって腕を広げるなど様々な動作が展開され、動くガンダムの魅力が詰まった演出が披露されました。セレモニーには「機動戦士ガンダム」総監督の富野由悠季氏や横浜市長の林文子氏なども参加。LUNA SEAによる生演奏なども行われ、会場を盛り上げました。

DSC_0709

GFY_official1

18mの実物大ガンダムがついに動く姿(上)、オープニングセレモニーではガンダムをバックにLUNA SEAが生演奏を披露(下)

DSC_0873

 

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA 公式サイト https://gundam-factory.net/

【業界ニュース】2020年話題になった9人の「変わり羽子板」を発表

今年で35回目を迎える久月の「変わり羽子板」が12月3日に東京・浅草橋の久月本社で発表されました。

「変わり羽子板」は、毎年12月に政治、経済、スポーツ、芸能、国際、社会の各分野から、その年を明るく盛り上げた話題の人物をテーマに制作しています。
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るった今年は、9人を題材に7点の羽子板が制作され、「コロナを打ち祓う!」というサブタイトルを掲げての展示・公開となりました。

史上最年少で棋聖と王位の二冠となった棋士の藤井聡太さん、白血病を乗り越え競技に復帰を果たした競泳の池江璃花子さん、ITを駆使し「台湾モデル」と呼ばれたコロナ対策を主導した台湾デジタル担当大臣のオードリー・タンさんなど、今年を象徴する顔ぶれが羽子板になっています。

制作された羽子板は4日まで久月本社で展示され、その後全国の久月のお店を巡回します。
各地の展示日程の詳細は久月のホームページにてご確認ください。

業界ニュース・久月

●人形の久月 公式サイト https://www.kyugetsu.com/

【業界ニュース】タカラトミーが「ワンダービューシアター」を発表

タカラトミーは、11月28日発売される家庭用プロジェクションマッピングトイ「おうちでプロジェクションマッピング ワンダービューシアター」のオンライン発表会を9月30日に開催しました。

これは、おうちでプロジェクションマッピングが楽しめる商品。お城の形をしたマッピングボードに映像を投影して立体的なディズニーの美しいプロジェクションマッピングを楽しむことができます。映像制作は様々なプロジェクションマッピングをプロデュースしているネイキッドが手掛けたこの商品だけのオリジナル映像になっています。

「プロジェクションマッピング」の他にも、「ゲーム・知育」、寝かしつけのサポートに最適な「おやすみムービー」、専用アプリを使ってスマートフォンで撮影した写真や動画をディズニーやピクサーのキャラクター達をあしらったフレームデザインで映し出せる「写真・動画の投影」もでき、これ1台で長くたくさん楽しめます。

発表会のゲストに元AKB48の篠田麻里子さんが登場しました。篠田さんは今年第1子となる女の子を出産したばかりで、出産後初の公の場に登場となりました。「コロナ禍での出産だったので、外にもでられず、おうち時間の過ごし方を悩んでいました。そういうママさんは多いと思うので、代表してきました」と笑顔を見せていました。

実際にワンダービューシアターをお子さんと体験した篠田さんは「ちょっとしたスペースででき、セッティングも本当に簡単。ディズニーのキャラクターがいっぱいで子どもも夢中になって映像を見ていた。親としては最高の商品。出産祝いにも一番良いプレゼントだと思う。ママ友ができたら間違いなくオススメしたい」とお話していました。

出産後初の公の場に登場した篠田麻里子さん

出産後初の公の場に登場した篠田麻里子さん

ワンダービューシアター

「おうちでプロジェクションマッピング ワンダービューシアター」(17,800円・11月28日発売)

 

●ワンダービューシアター 公式サイト
https://www.takaratomy.co.jp/products/magicalplaytime/wvt_disney/

【業界ニュース】ついに実物大ガンダムが動く、12月19日公開へ

公開が延期されていた18mの実物大ガンダムを見ることができる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(横浜・山下ふ頭)の開催概要が9月29日に秋葉原UDXシアターで発表されました。公開は2020年12月19日~2022年3月31日の期間限定となり、時間は10時~21時(20時最終入場)です。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は18mの実物大ガンダムを動かすという夢を実現し体感できる施設となり、動くガンダムを格納しメンテナンスを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」と、動くガンダムの仕組みを楽しみながら学べる展示施設等が入った「GUNDAM-LAB」の2つのエリアで構成されています。「GUNDAM-DOCK」には、15-18mの高さから動くガンダムの頭部やボディを間近で見ることができる特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」も設置されています。
動くガンダムの演出は10:30~20:30までとなり、毎時と毎時30分に異なる演出が行われる予定で、その他シーズンの特別演出の実施も予定されています。

入場料金(税込)は、大人が1650円、小人が1100円。大迫力の特別デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」の入場料(税込)は3300円。10月2日からチケット販売が開始されます。
実物大の動くガンダムをぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

動き

●GUNDAM FACTORY YOKOHAMA 公式サイト https://gundam-factory.net/

【業界ニュース】ルービックキューブ40周年、世界最小公式商品登場

メガハウスが発売しているルービックキューブが今年で発売40周年を迎えています。その40周年を記念し、ルービックキューブを開発したエルノー・ルービック氏の母国であるハンガリーの駐日大使館とのコラボレーション事業「ルービックキューブ40周年展」が9月24日~11月9日の期間で、東京・港区のハンガリー文化センターで開催されています。オープン前日の23日には記者発表会・内覧会が行われ、世界最小の「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」などが初お披露目されました。

今回発表された極小ルービックキューブは、金属精密加工を得意とする入曽精密の協力のもと開発が進められ、縦・横・高さの各辺が0.99cmとなる日本発の世界最小の公式商品で、ルービックキューブの構造はそのままにパーツを成形しているので実際に動かして遊ぶことができます。価格は18万円(税別・送料込み)となり、9月23日からメガハウス公式通販サイト「メガハウスおもちゃマーケット」にて予約受付が開始されています。

40周年記念展では極小ルービックキューブに加えて、初代ルービックキューブや縦40個×横40個のルービックキューブを使って製作されたエルノー・ルービック氏のモザイク画なども展示されているので、興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

ka
写真左がメガハウス社長・榊原博氏、右が駐日ハンガリー特命全権大使パラノビチ・ノルバート氏

meha
通常のルービックキューブ(左)と「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」(右)

 

●ルービックキューブ40周年展 公式サイト https://www.megahouse.co.jp/rubikcube/40th_exhibition/
●ルービックキューブ 公式サイト https://www.megahouse.co.jp/rubikcube/

 

【業界ニュース】日本最大級のカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が登場

日本最大級のカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が神奈川・横浜市のハムリーズ横浜ワールドポーターズ内に、8月1日にオープンしました。
「ガシャポンのデパート」では、様々なジャンルのカプセルトイ2,000種以上の商品を2,200のカプセル自販機で展開しており、実際に店内に入るとこんなにたくさんの商品があるのだと驚くほどの圧倒的な品揃えとなっています。その豊富な商品構成と知識豊富なスタッフさんなどを通してカプセルトイの最新情報を発信していくとともに、売場では男児向け、女児向け、いきもの、コレクタブルなどジャンルごとに分けて商品を設置するなど、目的の商品が探しやすくなっており、新商品や注目商品などピックアップコーナーも作り話題を提供していきます。
また、来店することなどでポイントがたまって使えて情報が届くスマートフォンアプリ「ナムコポイントアプリ」との連動も行い、“ガシャポン体験を豊かにする”をコンセプトに子どもから大人まで楽しめる売場を構築していくとのことです。
なお、8月8日(土)には福岡・福岡市のハムリーズキャナルシティ博多店内にも「ガシャポンのデパート」がオープンする予定です。

DSC_0402 DSC_0326

※写真は7月31日に行われた内覧会で撮影したものです。

 

●ガシャポンのデパート 公式サイト https://bandainamco-am.co.jp/others/capsule-toy-store/

 

【業界ニュース】7月4・5日開催のオンラインイベント「TAMASHII Features2020」の会場を本日メディアに公開

BANDAI SPIRITSが展開するフィギュアブランドのオンラインイベント「TAMASHII Features2020」が7月4・5日に開催されます。それに先立ち、本日13時よりオンライン上で提供されるイベント会場がメディアに公開されました。このイベントは「今こそ、おうちでフィギュアを楽しもう!」をテーマに、新商品を含む約200点を展示し、一般に向けてお披露目するもの。本日メディアに公開されたイベント会場を家にいながら360°体験することができ、実際のイベント会場の中を歩いているような疑似体験を楽しめるほか、更に新商品のライブ配信など様々なコンテンツが提供される予定です。

DSC_1243
リアルな会場をオンライン上で堪能できる

展示商品について少しだけご紹介すると、仮面ライダーや機動戦士ガンダム、ドラゴンボール、鬼滅の刃など人気キャラクターの新商品に加えて、迫力と可動を両立したハイクオリティ超巨大アクションフィギュアシリーズ第1弾で全高約400mmとなる「DYNACTION 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機」や変形合体・必殺技シークエンスをBGM・音声付きで再現し、現代の技術により至高のギミックで商品化した「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」などが登場します。ぜひこの機会にBANDAI SPIRITSの技術の粋を集めた各種アイテムをご堪能ください。

DSC_1123 DSC_0958
写真左:「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」 (59,000円・12月発売予定)
写真右:「DYNACTION 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機」(18,000円・12月発売予定)


「TAMASHII Features 2020」(7月4日10:00~7月5日23:59) 
https://tamashii.jp/features_2020/

©東映 ©カラー

【業界ニュース】世界初!仮面ライダーストア1号店が東京キャラクターストリートに登場

世界初のオフィシャル仮面ライダーグッズショップ「KAMEN RIDER STORE(仮面ライダーストア)」の1号店となる仮面ライダーストア東京が東京駅1番街 東京キャラクターストリート内に、明日7月1日にオープンします。

ストア内では、「仮面ライダーゼロワン」やそのキャストなどのオリジナルデザイングッズ、ステーションキーホルダー、「仮面ライダー1号」「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーゼロワン」をデザインした限定のお菓子などお土産に最適なグッズを中心に約300点が展開。また「仮面ライダーゼロワン 変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー」といった玩具も品揃えされています。
さらにオープン以降も従来の仮面ライダーグッズのイメージを覆すようなスタイリッシュ、キュートをコンセプトにしたグッズなど、新商品の追加や展示企画を年間を通じて展開されていきます。

また、ストア壁面には歴代36人の仮面ライダーが次々に出現するデジタルサイネージが設置されており、仮面ライダーの世界観を味わいながら買い物ができるなど楽しさを演出。ストアとしては、このような時代だからこそ仮面ライダーの持つ力強さや勇気をストアを通じて発信し、元気や笑顔を届けていきたいとのことです。

なお、入店に当たってはオープンから当面の間は、事前予約申込制(抽選)となるので、気になる方は公式HPをチェックしてみて下さい。

DSC_0329 DSC_0345
写真左が仮面ライダーストア東京、写真右がストア限定オリジナル商品など

 

●仮面ライダーストア 公式サイト https://www.kamen-rider-official.com/official_shop/
 

© 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 © 石森プロ・東映

【業界ニュース】期待大将に願いを込めて「コロナに打ち勝とう!期待大将軍」を発表

今年の活躍が期待される人物をモチーフにした変わり五月人形「今年の期待大将」が4月7日に東京・台東区の久月本社で発表されました。

五月人形は、赤ちゃんのお守りとして災いを払い、逞しく立派に育つように祈り、愛を込めて飾るもの。
第8回目の期待大将では「新型コロナウイルス終息への願い、そしてその脅威から皆を守って欲しいという」と願いを込め、世界各国で尽力を注いでいるリーダー達を五月人形として6体制作しました。

日本からは安倍晋三内閣総理大臣、小池百合子都知事、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、世界各国からはアメリカのドナルド・トランプ大統領、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が選出され、勇ましい姿が披露されました。

kitaitaishou_0013
●久月公式サイト https://www.kyugetsu.com/

【業界ニュース】ガンプラ40周年を盛り上げる「GUNPLA LINK PROJECT」発表

BANDAI SPIRITSは1980年7月の発売以来、5億個以上を販売してきた「ガンプラ」が今年40周年を迎えるにあたり、40周年記念として、ガンプラ40周年プロジェクトを始動します。
2月21日に東京・お台場のTHE GUNDAM BASE TOKYOでプロジェクトの概要が発表されました。

「GUNPLA LINK PROJECT」と題した本プロジェクトは、ガンプラとさまざまなモノ、人、想いをつなぐことで、そのガンプラへの想いを形で表現し、ガンプラによって、さらにはガンプラを越えて、世界の人々をつなぎ、その想いを未来へつなぐプロジェクトです。

本プロジェクトのキーワードは“LINK”となっており、LINKをキーワードとして以下の5つの内容を行っていきます。

・LINK THE FUTURE   40周年の集大成となる商品の発売
TVアニメ機動戦士ガンダムに登場する「ガンダリウム合金」を、最新の金属成形技術で再現した“地球製ガンダリウム合金”を装甲として組み立てることができる「ガンダリウム合金モデル 1/144スケール RX-78-2 ガンダム」や自動変形ギミックの集大成ともいえる「AUTO-TRANS MODEL RX-0 ユニコーンガンダム」などを発売予定

・LINK THE FUN   ガンプラ体験・プレゼント企画
ガンプラ40周年特設ページへの応募者やイベント来場者へガンプラを配布

・LINK TOWN   ガンダム大型イベントの開催、ガンダムマンホール企画
福岡・キャナルシティ博多にて、キャナルアクアパノラマ第11作「GUNDAM SCRAMBLE in FUKUOKA」の公開やTHE GUNDAM BASE FUKUOKAでのガンダム大型イベント「GANDAM docks at FUKUOKA」を開催予定。また全国の自治体と協力し、ガンダムデザインのオリジナルマンホールの設置を企画

・LINK CREATORS   ガンプラ40周年記念映像の制作、新作アニメーションの配信
本広克行監督によるガンプラ40周年記念映像「新ガンダムビルドシリーズ(仮)」の制作や新作アニメーション「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」2nd Seasonの配信など

・LINK OTHER FIELDS   さまざまな企業・ブランドとのコラボレーション
ユニクロ、バンダイ、BANDAI SPIRITSの3社がコラボした「ガンプラ40周年×ユニクロ ガンプラ特典付きUT」や、ガンプラ40周年とロックバンド・LUNA SEA30周年のコラボ企画として“LUNA SEA専用ザクⅡ”「THE BEYOND GUNPLA 40th EDITION THE BEYOND×MS-06LS ZAKUⅡ Ver.LUNA SEA」の発売など

gyoukai1  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ガンダリウム合金モデル 1/144スケール RX-78-2 ガンダム」

gyoukai3
「AUTO-TRANS MODEL RX-0 ユニコーンガンダム」

gyoukai4  gyoukai5
「ガンプラ40周年×ユニクロ ガンプラ特典付きUT」

プロジェクトの概要発表後には、俳優・本郷奏多さんをゲストに迎えて、ガンプラ及びガンプラ40周年プロジェクトに関するトークが行われました。本郷さんのガンダム・ガンプラ愛に溢れるトークで会場は大いに盛り上がりを見せました。


gyoukai6
左:本郷奏多さん
右:BANDAI SPIRITS ホビー事業部 安永亮彦氏

ガンプラ40周年特設ページでは、今後も新しい情報が続々と発表されていく予定です。
発売40周年を迎え大きな盛り上がりを見せるガンプラにぜひともご期待ください。

●ガンプラ40周年特設ページ  https://gunpla40th.bandai-hobby.net/

©創通・サンライズ