ƊEj[X

【業界ニュース】「スヌーピーミュージアム」いよいよ12月14日にオープン

「スヌーピーミュージアム」が12月14日に南町田グランベリーパーク(東京都町田市)にいよいよオープンします。

この「スヌーピーミュージアム」は、アメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライト(分館)です。昨年9月までは東京・六本木にありましたが、今回この南町田グランベリーパークに移転し規模も2倍(約2600㎡)に拡大されました。
展示内容もさらに充実。特に全長8mもある巨大なスヌーピーを筆頭に何体もの大きなスヌーピーが迎えてくれる「スヌーピールーム」は注目です。
他にもシュルツ美術館が所蔵する原作コミック「ピーナッツ」の貴重な原画の展示や、作者のチャールズ・シュルツ氏に関する資料や創作の歴史を写真や映像で振り返るコーナー、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなど登場するキャラクターをダイナミックな展示で紹介するなど盛りだくさんの内容になっています。

さらに、前ミュージアムで好評だったことを受けて新たに常設のワークショップルームが設けられました。ここではぬいぐるみやキャンドル、和菓子作りなど様々なプログラムが毎日予定されています。

ミュージアムショップ「ブラウンズストア」も注目です。ここでしか買えないオリジナルグッズに加えてトミカをはじめ人気ブランドとのコラボ商品も扱っています。

ちなみに、シュルツ美術館から借用した貴重な原画で構成される企画展は半年ごとに展示替えされます。最初の企画展は「ビーグル・スカウトがやってきた!」で、来年6月28日までとなります。

公式サイト:https://snoopymuseum.tokyo/

SN1

オープンに合わせて、シュルツ夫人(左から2番目)ら関係者が来日

オープンに合わせて、シュルツ夫人(左から2番目)ら関係者が来日

SN3

ミュージアムショップ「ブラウンズストア」

ミュージアムショップ「ブラウンズストア」

【業界ニュース】大人のための「仮面ライダー変身ベルト」イベント開催

バンダイは大人のための仮面ライダー変身ベルトシリーズのイベントとなる「THE HENSHIN COMPLETE SELECTION MODIFICATION VOL.1」を本日と明日の12月7・8日に東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催しています。

これは仮面ライダーの変身ベルトを最新の技術や造形手法を用いて大人のために再構築することをコンセプトに外観、ギミック、音声などを見直し圧倒的なクオリティで展開する「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」シリーズの単独イベントとなっています。

会場には歴代シリーズ商品が各作品ごとの世界観とともに展示されているほか、最新技術の粋を駆使して製作された「未来の変身ベルト玩具」やDXジクウドライバーができるまでの過程における設計図や試作品などの貴重な資料展示も行われています。
また、シリーズ最新商品となる「CSMキバットベルト」「CSMタツロット」も初公開。会場は入場無料ですので興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

kamen1 kamenn
会場はまさに仮面ライダー変身ベルト一色となり(左)、12月6日からプレミアムバンダイで予約受付が開始された新商品「CSMキバットベルト」「CSMタツロット」も登場(右)

 

THE HENSHIN COMPLETE SELECTION MODIFICATION VOL.1 公式サイト
https://toy.bandai.co.jp/series/rider/henshin/

【業界ニュース】ガンダムが宇宙へ!G-SATELLITE初披露

「東京2020大会応援衛星”G-SATELLITE”完成記者会見」が12月3日、東京都港区・バンダイナムコ未来研究所で行われ、「G-SATELLITE」が初披露されました。「G-SATELLITE」はガンダムとシャアザクのガンプラ、メッセージを表示する電光掲示板、それらを撮影するためのカメラを7台搭載した超小型の衛星(10cm×10cm×34.5cm)です。

ガンダム衛星4   衛星2
左:超小型衛星「G-SATELLITE」
右:衛星に搭載されるガンダムとシャアザクのガンプラ

東京2020組織委員会は「ONE TEAM PROJECT」の「宇宙から東京2020エール!」企画第2弾として、東京大学、JAXAと特別コラボしたプロジェクト「G-SATELLITE 宇宙へ」を企画。今回のプロジェクトでは、東京2020大会の期間前から期間中にかけて、地球周回軌道を飛行しながら東京2020大会への応援メッセージを地球に向けて発信していきます。この度完成したG-SATELLITEは、12月にJAXAに引き渡し、来年3~4月にかけて宇宙への打ち上げ、放出を行う予定です。

完成記者会見には富野由悠季さん(アニメーション映画監督・機動戦士ガンダム総監督)らが登場。会場には多くのマスコミが取材に駆け付け、注目度の高さが伺えました。

衛星1
登壇者によるフォトセッションの模様

ガンダム誕生から40年、ついに宇宙へと到達するその日が今から待ち遠しいです。

衛星3
プロジェクトのキービジュアル

●ONE TEAM PROJECT 公式サイト
https://participation.tokyo2020.jp/jp/oneteam/08.html

ⒸTokyo 2020 Ⓒ創通・サンライズ

【業界ニュース】P.O.Pワンピースシリーズ15周年!メガホビEXPO2019 Autumn開催

フィギュア商材の新製品が集結するイベント「メガホビEXPO 2019 Autumn」が11月30日に東京・千代田区のAKIBA SQUAREで開催されました。
今回は「大集合!!!」をテーマにメガハウス、ホビージャパン、アルター、リボルブ、壽屋など11の企業・団体が出展し、企画展示や新商品紹介、ステージイベントを行いました。

メガホビDSC_0481

メガハウスは同社を代表するフィギュアシリーズ「Portrait.Of.Piratesワンピース」の15周年を記念し、年表と共に代表作を紹介する展示「ルフィで振り返るP.O.P15周年ヒストリー」を行ったほか、8月に発売予定の大型商品「WA-MAXIMUM 百獣のカイドウ」を発表し来場したファンの注目を集めました。

メガホビDSC_0597

メガホビDSC_0468

「Portrait.Of.Piratesワンピース WA-MAXIMUM 百獣のカイドウ」(メガハウス・8月予定・価格未定)

イベントステージでは、「G.E.M.デジモンシリーズ」と連動したスペシャルトークショーの第2弾が行われ、初お披露目の新商品情報など盛りだくさんの内容に駆けつけたファンも盛り上がりました。

メガホビDSC_0492のコピー

イベントステージとの連動展示で注目を集めたフィギュア「Precious G.E.M.デジモンセイバーズ アルフォースブイドラモン」(メガハウス・発売時期未定・価格未定)

この他に、このイベントのメインテーマである「大集合!!!」に合わせて出展企業各社のポケットモンスターのフィギュアを集めたコーナーにも多くの関心が寄せられました。

メガホビDSC_0543

次回は、2020年8月29日に開催される予定です。

●メガホビEXPO 2019 Autumn公式サイト  https://www.megahobby.jp/event/expo2019_autumn/

【業界ニュース】ぬい撮りをテーマに「推し活FES 」が初開催!

ぬいぐるみ好きの楽しみの一つとして定着しつつある「ぬい撮り」をテーマにしたイベント「推し活FES」が東京・中央区の綿商会館で11月30日に初開催されました。

「推し活」とは好きなキャラクターや芸能人を応援することをさした言葉で、近年注目されています。このイベントでは、その「推し活」をさらに楽しむことを目的として企画され、初開催となりました。

今回は、好きなキャラクターのぬいぐるみを可愛く撮影できる「ぬい撮りブース」、好きなキャラクターとお揃いのドリンクが飲める「推しカフェ」、「販売ブース」やワークショップなどが3フロアを使って展開されました。
また、ぬいぐるみやドール好きが集まる写真投稿コミュニティアプリ「nuidol」とコラボレーションした「プロカメラマンによるぬい撮りワークショップ」が行われ、撮影するときの悩みを解消するコツやポイントを紹介、参加者は熱心に撮影に取り組んでいました。

次回開催時期は未定ですが、今回のイベント開催にあたり事前に用意した入場券が完売するほどの反響があったため、今後も様々なテーマで推し活を盛り上げていくイベントを企画中とのことです。

推し活nuidolDSC_0675のコピー

セキグチが運営しているnuidolとコラボレーションした「プロカメラマンによるぬい撮りワークショップ」ではモンチッチの商品写真を撮影されているプロカメラマンさんが解説を行いました

推し活撮影ブースの様子

「ぬい撮りブース」では季節やモチーフが異なる約50個の撮影ブースに、来場者は大盛り上がりで撮影を楽しんでいました

推し活DSC_0713

ぬいぐるみ用の洋服「UCHI-NOCO」(サンライズ)を試着ができる撮影ブースは順番待ちの列が出来るほどの大人気

●推し活FES 公式サイト https://oshikatsu-fes.com/
●推し活FES 公式ツイッター https://twitter.com/oshikatsu_fes