ƊEj[X

【業界ニュース】深夜の書店内をミニ四駆が疾走!「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」開催

大人から子どもまで大人気のタミヤのミニ四駆を使った「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」が7月20~21日に千葉・船橋市のビビット南船橋1Fにあるジュンク堂書店南船橋店で開催されました。

このイベントはジュンク堂南船橋店内にミニ四駆のコースを作ってレースを楽しもうというもので、Twitter内の「♯公式ミニ四駆部」でミニ四駆を通じて交流している企業公式アカウント担当者など15名が参加し熱戦が繰り広げられました。
なぜ、2日間かけて行われたというと、閉店後から翌日開店までの深夜帯を中心とした時間に開催されたからで、昼間ならお客さんが行き交う店舗中央を貫くメイン通路の約50m近いストレートを活かした特設コースはまさに圧巻の一言。深夜の書店の中をミニ四駆が疾走するというなかなか見ることができない光景を見せていただきました。
ジュンク堂では一般のミニ四駆ファンが楽しめるような企画も今後検討していくとのことなので期待しましょう!

DSC_0036

●ジュンク堂書店 南船橋店で「ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる」を開催(リリース)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000027516.html

●Twitter https://twitter.com/search?q=#ジュンク堂でミニ四駆走らせてみる

●ジュンク堂書店 公式サイト https://www.junkudo.co.jp/

●タミヤ ミニ四駆 公式サイト https://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.html

【業界ニュース】60周年のプラレール、夏休みに様々なイベントを開催

タカラトミーは、夏休みに合わせて今年60周年を迎えるプラレールで鉄道各社と様々なコラボレーションイベントを開催しています。

埼玉県さいたま市にある鉄道博物館では、60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史」を7月19日~9月1日まで開催しています。
鉄道博物館の協力のもと、普段見ることのできない過去の商品などプラレールの歴史を知ることができる展示や、「プラレールができるまで」としてプラレールの令和初のセット商品「レールも!車両も!情景も!60周年ベストセレクションセット」を例に、プラレールができるまでの過程をスケッチや試作品と共に紹介しています。こうした試作品は初披露です。さらに鉄道博物館に所蔵されている貴重な資料とのコラボ展示もあり、親子三代で楽しめます。

teppaku1

鉄道博物館で開催中のプラレール60周年記念展「プラレール博物館~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史」

 

西武鉄道とは、7月14日~9月1日まで「西武秩父線50th×プラレール60th」を記念して「新駅誕生⁉幻の『西武ちちプラレール駅」開業記念キャンペーンを実施しています。
西武秩父駅構内に「西武ちちプラレール駅」が⁉50年前に運航を開始した5000系レッドアローの前頭部を展示したフォトスポットの設置など、こちらも楽しい体験がいっぱいのイベントになっています。

西武秩父駅に幻の「西武ちちプラレール駅」が出現⁉

西武秩父駅に幻の「西武ちちプラレール駅」が出現⁉

 

さらに創立110周年の京成電鉄葛飾区と特別企画も開催中です。
タカラトミー本社のある京成立石駅には「けいせいたていしプラレール駅」が登場、さらに葛飾区内8つの地域の商店街と連携したスタンプラリーなども実施中です。

タカラトミー本社のある京成立石駅には「たていしプラレール駅」が誕生!

タカラトミー本社のある京成立石駅には「たていしプラレール駅」が誕生!

ぜひ気になるイベントをチェックして、家族やお友達と参加してみてください。

 

●鉄道博物館 公式サイト http://www.railway-museum.jp/

●西武鉄道 公式サイト https://www.seiburailway.jp/
西武秩父線開通50th×プラレール60th特別企画
https://www.seiburailway.jp/guide/event-campaign-info/campaign/seibuchichibu50line/

●京成電鉄 公式サイト http://www.keisei.co.jp/
おいでよ!プラレールスタンプラリー https://www.keisei-cp.com/plarail/

●プラレール 公式サイト https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

【業界ニュース】「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が7月7日に移転オープン!

2007年4月にオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は 今年5月に一時閉館していましたが、7月7日に横浜駅から徒歩10分という最高のロケーションに移転してリニューアルオープンします。

メインとなる3Fのミュージアム、2Fのチケット売場、1Fのショップ&フードエリアの全館が屋内になったことで雨天や猛暑の日にも楽しめる、全天候型施設となりました。

3Fのミュージアムは、体を使って楽しめる体験型の施設で、全面人工芝の開放的な「ひろば」が最大の魅力です。
中央にはアニメでおなじみのパン工場があり、中に入ってパン作りごっこが楽しめるほか、ステージショーもこのパン工場を舞台に行われます。

DSC_0277

ミュージアムの「ひろば」は全面人工芝で 走ったり転がったり、のびのびとからだを使って遊べます

アンパンマンステージショー2

アンパンマンをみんなで応援!ステージショー「まもれ、みんなのパンこうじょう」は内覧会参加者で大盛り上がり

この他にも親子でワークショップや参加型イベントが楽しめる「わいわいパーク」や、アンパンマンの世界にある街を再現した「みんなのまち」エリアなど楽しめるスポットが盛りだくさん!

DSC_0347

みんなのまちでは、お菓子やさんごっこができたり、色々な仕掛けがあるおうちがたくさんあります。かばおくんのおうちでは野菜を収穫するあそびもできます

また、1Fのショップ&フードエリアは、入場無料でお買い物やお食事が楽しめます。
総合ショップ「アンパンマンテラス」では玩具を豊富に取り揃えているほか、フォトスタジオの「アンパンマンにこにこ写真館」やアパレルショップの「アンパンマンキッズコレクション」、ベーカリーの「ジャムおじさんのパン工場」などの人気店も移転前に引き続き楽しめます。

DSC_0415

アンパンマンテラスでは、玩具やぬいぐるみ、お菓子、文具などアンパンマングッズが勢ぞろい!

1F中央のひろばでは、約6mの吹き抜け天井を活かしてアンパンマンごうが宙を走り、巨大なだだんだんと繰り広げるダイナミックなショーもみどころです。

リニューアルオープン初日の7月7日10時からは、アンパンマン役の戸田恵子さんらが登壇してのオープニングセレモニーが開催予定です。

DSC_0611

入り口では約4mのアンパンマンがお出迎え!

●横浜アンパンマンこどもミュージアム http://www.yokohama-anpanman.jp/