ƊEj[X

【業界ニュース】博品館TOY PARK銀座本店3Fがリニューアルオープン

東京・銀座にあるおもちゃ屋さん「博品館TOYPARK銀座本店」の3Fが、11月1日にリニューアルオープンしました。

フロアごとに雑貨やホビーなど分かれているのですが、3Fは、男の子向けキャラクターや女の子向けキャラクター、知育玩具、トミカやプラレール、シルバニアファミリーやアンパンマンといった定番まで様々なおもちゃを中心に扱っているフロアになっています。

DSC_0002

各フロアごとにテーマが設定されているのですが、3Fのテーマは「TOY FACTORY」。絵本や映画に出てくるようなおもちゃ屋さんをイメージしたそうです。柱回りに大きなギアのような飾りがあったり、天井や壁面まで装飾されていて遊び心がいっぱい。もちろん売場のいたるところに色々なおもちゃの実演サンプルが置かれていて、実際に遊んでみることもできます。

中央の階段前には注目商品が並んでいます。そして左側にはブロックが、中央にはボーイズ、さらにその奥にはガールズ向けのおもちゃがたくさん並んでいます。ベビー向けは中央の階段裏側に白を基調とした「Baby & Kids PARK」というコーナーにあります。ブリオをはじめ輸入玩具もたくさん揃っています。

DSC_0040

DSC_0024

レジカウンターも一新、さらにこれまで免税カウンターは2Fと4Fにあったのですが、3Fにも新たに設置されてより便利になりました。

リニューアルして、ますます楽しいお買い物体験ができるおもちゃ屋さんになりました。
ちなみに博品館TOYPARKのシンボルともいえる木馬が売場の色々なところに隠れているので、この木馬を探すのもとっても楽しいですよ。

 

博品館TOYPARK銀座本店 公式サイト http://www.hakuhinkan.co.jp/

 

【業界ニュース】日本トイザらスがサンタクロース協会のオフィシャルパートナーに!

日本トイザらスは、グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部のオフィシャルパートナーになることが決定し、11月1日に「オフィシャルパートナー調印式」を行いました。今後の活動については、北海道から沖縄まで全国の30施設・600名以上の子ども達にパラダイス山元さんがクリスマスプレゼントのおもちゃを届けるほか、SNSを活用した募金キャンペーンを実施することなどが発表されました。

トイザらス

アジア地域で唯一のサンタクロース協会公認のサンタクロースのパラダイス山元さん(写真左)と、日本トイザらスのディーター・ハーベル社長

 

 

【業界ニュース】ガリットチュウ福島さんがデヴィ夫人姿で「バンクワン/バンクニャン」を紹介 !

あなたの貯金ライフをおせっかいにサポートする「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」(タカラトミーアーツ)の発売を記念して、新発売記念プレス発表会が10月31日に東京・秋葉原のアキバシアターで開催されました。

同商品はまるで生きているかのように目、耳、口を動かしておしゃべりする貯金箱。
話題の“IOT”技術を活用することで、天気やニュースなどの情報を教えてくれます。
また、話しかけると会話を楽しむことができるほか、人感センサーを搭載しているので、人の気配を感じて自ら話しかけてくれます。
100円玉専用のバンクワンは合計10,000円、500円玉専用のバンクニャンは合計50,000円を貯金でき、目標を達成すると特別なメッセージで一緒にお祝いしてくれます。

発表会にはお笑い芸人のガリットチュウ・福島善成さんが登場し、小銭を貯金するイメージが浮かびにくいデヴィ夫人の姿で新ネタを初披露。
発売日翌日の11月1日・ワンワンワンの日にちなんで、“99枚の100円玉が貯金されている11体のバンクワンに最後の100円玉を1枚ずつ11秒以内に貯金する”「バンクワンワンワンチャレンジ」に挑戦するなど、会場を大いに盛り上げました。

バンクワン・バンクニャン

写真左はタカラトミーアーツの宇佐美社長と写真右はガリットチュウの福島さん。発売日翌日が11月1日ワンワンワンの日ということもあり、犬好きとしても有名なデヴィ夫人になりきって商品の魅力を伝えました。

 

「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」公式サイト
https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/bankwannyan/
※福島さんが変装モノマネをした、デヴィ夫人とアーティストのGACKTさんのPR動画をサイトで公開中です。