おもちゃ情報net.


おもちゃの歴史年表


1998年

この年の
話題

4月 金融ビッグバン
7月 毒入りカレー事件
インターネットを介した犯罪が多発
失業率 4%越す
長野冬季オリンピック開催
フランスでワールドカップ開催、日本初出場でおおいに盛り上がる
明石海峡大橋 開通
11月 しし座流星群
映画「タイタニック」封切り、一大ブームになり、関連のビデオやジグソーなど人気


発売・ヒット商品 玩具業界の動き


ポケットモンスター ボードゲーム」「ぬいぐるみピカチュウ1/1」(トミー)などポケモン商品人気
たまごっちオスっち/メスっち」(バンダイ)好調
アイデア商品「うでまクマ」(マルタカトレーディング)人気

公正取引委員会がソニー・コンピュータエンタテインメントに対し、「プレイステーション」ハード・ソフトの卸売販売の制限を行っているとして、独占禁止法に基づく排除勧告を行う
ファン待望の「ジャパンカードフェスティバル」開催、大盛況

デジタルモンスターVer.2」(バンダイ)圧倒的人気
歩数計ゲームの先駈け「てくてくエンジェル」(ハドソン)の人気上昇
映画公開もあり「Mr.BEANのテディベア」(ハドソン)がブームに
「スーパーファミコン ジュニア」(任天堂)7,800円で発売

「B(ボンバーマン)ビーダマン爆外伝」アニメ放映開始
アメリカ玩具大手のハズブロ社が、「ライツアウト」などで知られるタイガー社を買収
「たまごっち類似品事件」の判決が下り、バンダイの主張通り、「ニュータマゴウォッチ」「ドラゴッチ」などの輸入・販売・譲渡の禁止、意匠権侵害に基づく差止めが言い渡される



ポケットピカチュウ」(任天堂)発売、即品薄に
「ドラゴンクエストあるくんです」(エニックス)発売
「等身大シリーズ ぼくドラえもん」(ユタカ)登場
1,500個限定の陶器製ひな人形「はろうきてい親玉飾り」(吉徳)が発売初日の午前中で完売
「つくろう!!ブロック探検隊シリーズ」(河田)、「世界の冒険シリーズ」(レゴジャパン)などのブロックが好調

「ウルトラマン倶楽部」が浅草ROXにオープン
ハイパーヨーヨー」(バンダイ)の累計800万個越す
「ビーダマン」(タカラ)の累計(パーツ含む)約2,500万個に


「ゲームボーイライト」(任天堂)6,800円で発売
超小型ポラロイドカメラ「シャオ」(トミー)先行発売、女子高生を中心にブームとなる
人気女性デュオ「パフィー人形」(タカラ)登場
ひみつのアッコちゃんテクマクマヤコンコンパクト」(バンダイ)や「シルバニアファミリー森のマーケット」(エポック社)人気

セガ玩具関連部門とセガ・ヨネザワが統合し、セガトイズ誕生
東京ディズニーランドが誕生15周年
魔法少女シリーズ15周年記念作品として、「ファンシーララ」放映開始
「キューピー」の著作権問題が玩具業界にも波及し始め、日本プラスチック玩具工業協組内に「キューピー部会」発足
「ポケモンセンター東京」が日本橋にオープン


「ヤキューマン」(トミー)シリーズ発売開始
「学級王ヤマザキ ヤマザキウンチの缶詰」(バンダイ)発売
「テツワン探偵ロボタック ジッシャックチェンジシリーズ」(バンダイ)、「ビーダマンシリーズ」「ビーストウォーズU」シリーズ(タカラ)関連商品の人気上昇
「ちっちゃくなったおしゃべりピカチュウ」(トミー)や「くるくるハムハム」(イワヤ)等の新製品好調

「スタジオぴえろ」が20周年
ピアニストのリチャード・クレイダーマンがリカちゃんへ曲をプレゼント、「そよ風の少女−リカちゃんに捧ぐ−」CD発売
ワールドカップを控え、フィギアやカード、応援グッズが続々登場


JITTER RING」「ドラえもんっち」(共にバンダイ)発売
シールメーカー まめぴぃ」(タカラ)発売
「もののけ姫」(ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント)が、初回受注で日本ビデオ史上最高の230万本を突破

デジタルモンスター」累計650万個、「ハイパーヨーヨー」累計1,100万個(バンダイ)出荷達成
ソニー・コンピュータエンタテインメント他5社が、中古ソフト販売差し止めと在庫廃棄を求め、販売店を提訴(7月にも別の販売店を提訴)


「キャベッジバッチキッズ」(ツクダオリジナル)15年ぶりに復活
「ヨーカイザー幽機道」「ヨーカイザー怪機道」(バンダイ)発売
スタイリッシュキャンディ」(エポック)発売
「ポケットモンスター チビポケハウスDX」(トミー)発売
「デジケン」、バーチャルスポーツシリーズの「ゴルフ」「ベースボール」(タカラ)発売
人気キャラクター商品「PEPSIMAN」(イワヤほか)、「たれぱんだ」(サンエックスほか)、ニューアイテム続々登場

玩具業界の女性が学びあう会「WIT(ウーマン・イン・トイズ)」発足
ハリウッド版「ゴジラ」公開
映画「ミュウツーの逆襲/ピカチュウのなつやすみ」公開
NINTENDO64」(任天堂)が14,000円に値下げ
アメリカで開催された世界ヨーヨー大会シングル部門で埼玉の中学生が優勝


「ポケットモンスター」映画公開で、カードゲーム(メディアファクトリー)、「N64ポケモンスタジアム」(任天堂)などのポケモン関連商品人気に拍車
タレント吉川ひなのオリジナルキャラクター「さりあちゃん」「りきらちゃん」グッズ(タカラ)登場

(社)日本玩具協会が「塩化ビニル玩具問題」で見解表明、安全性をアピール


「遊戯王」カードゲームが爆発的ヒット
トーキング復刻ヒーロー「人造人間キカイダー」他2アイテム(増田屋コーポレーション)発売、好評
GBポケットモンスターピカチュウ」(任天堂)、「GBドラゴンクエストモンスターズ」(エニックス)人気
新番組「ウルトラマンガイア」関連玩具好調
「ハローキティできるもん!」シリーズ(トーホー)次々登場

人生ゲーム」(タカラ)発売30周年
10

ゲームボーイカラー」(任天堂)8,900円で発売。大ヒット
パワーアップしたデジタルモンスター「デジモンペンデュラム」(バンダイ)発売
ドラえもん ドミノタウン」シリーズ(エポック)発売開始
赤外線銃「サイバーショット」(トミー)再発売
「丸山茂樹のリアルパワーゴルフ」(ドリームズ・カム・トゥルー)や「電車でGO!マスコン」(ヒロ)好調

「スーパードール リカちゃん」アニメ放映開始
中古ゲームソフト問題で小売店がエニックスを逆提訴、全面対決へ
アメリカぬいぐるみメーカー・ガンド社創立100年記念のテディベアを、10万ドルでサン・アローが落札
11
ドリームキャスト」(セガ・エンタープライゼス)29,800円で発売
超合金魂第2弾「グレートマジンガー」(バンダイ)発売

アンパンマンストアが東京・自由が丘にオープン
「セキグチドールガーデン」が静岡伊東市に完成
トミーがハズブロー商品の日本販売権を獲得
「ダンジョンクエスト第1章-シオンの冒険-」でコナミが電子トイに参入

12

携帯型ミニ体脂肪計「プクプクエステ」(ナムコ)発売
電車でGO!2 高速編」(イワヤ)発売
「マイメールポケット ミメル」(トミー)発売

ハピネット(卸)が東証2部上場
日本トイザらス 76店舗まで拡大
「ミリタリーミニチュアシリーズ」(田宮模型)が誕生30周年

トレンド&トピック
98年年間を通してのヒットは、何といっても携帯ゲーム。万歩計機能をうまく取り入れたアイデアで、「てくてくエンジェル」「ポケットピカチュウ」「ドラゴンクエストあるくんです」などのヒット商品を生み出しました。特に「ポケットピカチュウ」は、子どもからOLまで幅広い層に受け、4月から7月までの4ヶ月間ランキング1位をキープしたほど! また、バージョンアップ版は必ずランキングに登場する定番人気の「デジタルモンスター」や「ヨーカイザー」など、バトル系携帯ゲームもフィーバーしました。
そんな中、上半期にダントツの強さを見せたアイテムは「ハイパーヨーヨー」。種類の豊富さも味方し、半年に渡ってベスト20中1/3アイテム近くを占めていました。
年末から本格化する携帯ゲーム機戦線に先駆け、秋に発売された「ゲームボーイカラー」も発売月のベスト10に5カラーが一挙登場するなど、人気は上々。
他にも、「遊戯王」の登場で熱い闘いへと発展しそうなカードゲーム、5月から99年の年始にかけてベスト20内で健闘を続ける「シャオ」など、注目商品が登場したランキングでした。

参考資料: 「月刊 Toy Journal」 (東京玩具人形問屋協同組合)、「週刊玩具通信」 (日本トイズサービス(株)