おもちゃ情報net.


おもちゃの歴史年表


1997年

この年の
話題

4月1日 消費税が3%から5%に
ダイアナ元皇太子妃、マザーテレサ逝去
神戸児童連続殺傷事件。当時中学生の犯人逮捕
7月1日 香港返還
「失楽園」が映画・TVで上映され、話題となる
安室奈美恵とSAMが電撃結婚
サッカー日本代表が初のワールド・カップ出場を決める
12月 ポケモン騒動


発売・ヒット商品 玩具業界の動き


年末年始「ウルトラマンティガ ソフト人形」(バンダイ)、「スーパーピッキートーク」(カシオ)、「電撃イライラ棒」(タカラ)などが人気
「ポケットモンスター バトルえんぴつ」シリーズ(エニックス)発売
人気シリーズ「ポケットモンスター モンスターボールコレクション」(トミー)発売開始

セガエンタープライゼスとバンダイ、合併発表

日本トイザらス1月期の売上高が小売トップに

「新種発見!!たまごっち」(バンダイ)発売
「DX超人合体ガオガイガー」(タカラ)発売

「たまごっち」空前のブームになる
ミニゲーム、キーチェーンの売上伸びる
「勇者ガオガイガー」TV放映開始


ブリキ製玩具「ブリキッズシリーズ」(一晃)より"電車シリーズ"発売
GB ポケットモンスター」(任天堂)ロングヒット

「新世紀エヴァンゲリオン」映画公開にあわせ、カード・フィギュアの人気爆発
任天堂が同社のゲーム機、ソフトのほとんどを扱っていた問屋組織「初心会」を解散。NINTENDO64価格も値下げ
(社)日本玩具協会の「小さな凸」実行委員会が1996年度毎日デザイン賞特別賞を受賞
東京おもちゃショー、ビックサイトに移り 盛大に開催


ビーダマン」「チョロQ/レーシングサーキット」(タカラ)好調
「くすぐりエルモ」(ツクダオリジナル)人気上々
ハイパーヨーヨー」(バンダイ)発売

「ポケットモンスター」TV放映開始
バンダイが「たまごっち」の類似品販売の差し止めを求める仮処分を東京地裁に申請(「ニュータマゴウォッチ」「ぎゃおッPi!」など)


くもんの日本地図パズル」(公文教育研究会)発売、好評
バスマスターズ」(タカラ)人気で品薄。釣りブームで関連グッズ続々登場

セガエンタープライゼスとバンダイの合併解消
ゲームソフトの中古売買の問題が浮上
ハイパーヨーヨー」(バンダイ)人気決定的になる
「ハローキティグッズ」(サンリオ他)大ブームになり、「キティラー」という言葉も生まれる
タカラの「リカちゃん」が今年で発売30周年
ホビージャパンが世界初1000人規模の「マジック・ザギャザリング」トーナメントを開催



デジタルモンスター」(バンダイ)発売と同時に完売店続出
「ピンキッシュ ジェンヌ」(タカラ)発売
ブエナ・ビスタホームエンターテイメントより「ジブリがいっぱいコレクション」シリーズ発売開始。第1弾は「となりのトトロ」

映画公開の「スターウォーズ」をはじめ、「スポーン」「バットマン」のフィギュア(ハズブロージャパン、ツクダオリジナル他)人気

てのひらピカチュウ」(トミー)発売、大ヒット
トランスフォーマー ビーストウォーズ」(タカラ)シリーズ発売
ビーロボカブタック」(バンダイ)シリーズ好調
てんしっちのたまごっち」(バンダイ)発売即品薄になる。英語版「たまごっち」も発売

ハイパーヨーヨー」(バンダイ)が7月末で累計200万個突破
(社)日本玩具協会の「小さな凸」実行委員会が、耳の不自由な子も一緒に遊べるおもちゃ「うさぎマーク」を活動第2弾として本格始動
CESAがゲームソフト内の不適切な表現を排除するため、自主規制ガイドラインを制定
「'97CESAゲーム白書」創刊
「もののけ姫」映画公開



GB用ソフト「ポケットモンスター」(任天堂)、「ゲームで発見!!たまごっち」(バンダイ)がヒット
「エキサイトドライブ」(コンビ)、「くまのプーさん かきかたあいうえお」(学研トイホビー)等知育玩具好調

ハローキティ、ドラえもんが大ブーム
ハピネットが株式店頭公開


「モンスター・コレクション・トレーディング・カードゲーム」(冨士見書房)発売
知育玩具「ピタゴラス」(ピープル)発売
「かきこめーる24」(バンダイ)6種を順次発売開始
「ポケットモンスター ちびポケハウス」3タイプ、「ピカチュウぬいぐるみ1/1」(トミー)発売

ウルトラマンダイナ」TV放映開始と同時にソフビ人形も売れ行き好調
トミーが株式店頭公開
10

女児向け新番組「夢のクレヨン王国」の「おまじない香水びん」(バンダイ)出足好調
車椅子に乗った「笑ってベッキー」(マテル)、バービーフレンドとして日本でも発売
「モンチッチ スポーツ」(セキグチ)ぬいぐるみ発売

ハローキティに続き「マイメロディ」グッズも人気上昇
1,500体を収集・展示した「テディベア キングダム」が長崎・ハウステンボスにオープン
11
デジタルモンスター」新色発売

発売1周年の「たまごっち」(バンダイ)を始め、携帯液晶ゲーム人気絶好調
(社)日本玩具協会の「小さな凸」実行委員会製作の「97〜98年版おもちゃカタログ」を、関連の福祉施設400カ所へ送付
(株)日本ホールマーク(世界No.1のグリーティングカード会社日本支社)設立

12
超合金魂マジンガーZ」(バンダイ)発売
育成散歩計「てくてくエンジェル」(ハドソン)発売。ヤングアダルト層を中心に人気拡大

TVアニメ「ポケットモンスター」を見た子供たちが突然失神したり、気分不良を起こす「ポケモン騒動」が起こり、社会的な問題となる
アメリカで「PSファイナルファンタジーZ」(スクウェア)が発売3ヶ月で100万本突破
世界に3個しか現存しないといわれる1950年代物ティン・ロボット「マシーンマン」(増田屋コーポレーション)を、同社と出資先の「おもちゃ王国」共同で65,000ドルで落札


トレンド&トピック
97年は大人気キャラクター「ポケットモンスター」と、携帯型育成ゲーム「たまごっち」の2シリーズが年間を通して大ヒットしました。4月ごろからランキングに両シリーズ商品が目立ちはじめ、ベスト10中1/2のシェアを占めた月はなんと合計6カ月! 6月からは育成型対戦ゲーム「デジタルモンスター」もランキングに登場。7月に1位をGETするなど、「たまごっち」シリーズとともに低単価をものともせず、PSなどの32ビット機たちと激しいランキング争いを続けました。
またこの年、注目アイテムとして忘れてはならないのがトレーディングカードゲーム。「マジック・ザ・ギャザリング」でジワジワと拡がりをみせていたマニア的魅力を、「エヴァンゲリオン」の発売により一気にメジャーへと開放。「ポケットモンスター」人気も相まって、いずれのシリーズもバージョンが増えるごとにヒットしました。
他に、6月に8位で登場のハイパーヨーヨーが6ヶ月間、7月に8位で登場の「てのひらピカチュウ」は5ヶ月間に渡り、ベスト10圏内にて健闘。存在をアピールしました。

参考資料: 「月刊 Toy Journal」 (東京玩具人形問屋協同組合)、「週刊玩具通信」 (日本トイズサービス(株)