おもちゃ情報net.


おもちゃの歴史年表


1995年

この年の
話題

1月17日 阪神淡路大震災
3月20日 地下鉄サリン事件。一連のオウム真理教騒動へ■■ 
1ドル= 79.75円 の史上最高値記録
春からぬいぐるみ等を中心に抗菌グッズがトレンドとなる


発売・ヒット商品 玩具業界の動き


電子手帳「手書き電子手帳フェリエ」(セガ)「SUPER電子手帳Jr.ペットテレパシー」(カシオ計算機)が女児の間で人気獲得

日本玩具協会が主体となり、阪神大震災の義援金募集活動を実施。

新番組のキャラクター「重甲ビーファイター」の「サウンド入力銃 インプットマグナム」(バンダイ)出足好調

阪神大震災の影響で全国的に百貨店などの売上が前年割れする
アルプス商事がアメリカの大型遊具メーカ・ステップ2社と販売提携を結ぶ
プレイステーション」(ソニーエンターテインメント)販売が50万台を突破



そっくりな写し絵が作れる「わたしはマンガ家 スララ」(トミー)や「おえかきシャランラ」(バンダイ)が人気
「アンパンマン あいうえお教室」(アガツマ)などの知育玩具好評
おしゃべりする絵本「音でるBOOK」ドラえもんとミッキー(トミー)発売
スーパーファミコン用待望ソフト「クロノトリガー」(スクウェア)発売
赤い屋根の大きなお家」(エポック)発売
ディズニーベビーシリーズ」(ピープル)発売開始

「101匹わんちゃん」、「ガメラ−大怪獣空中決戦」映画公開
日本初の「スヌーピータウン」が大阪にオープン
ソニー・クリエイティブプロダクツとソニー・シグネチャーズがワールドカップフランス大会の独占的商品化権を獲得

「バトルえんぴつ」(エニックス)が小学生を中心に大人気
「小犬のルーク」(プレミエル)好調
ロングセラー「ダイヤペット」(セガ・ヨネザワ)に「トヨタRAV4」仲間入り

世界最高額の「テディガール」を目玉にした「テディベア・ミュージアム」が伊豆高原にオープン(サンアロー)
マテルの「UNO」ライセンサー会社買収により、「UNO」「UNOブリスター」販売権がトミーからマテルへ移行
任天堂とセントギガ提携で「スーパーファミコン」を利用した、世界初の衛星データ放送スタート
「ストリートファイターU」TV放映開始



男児では「重甲ビーファイター」「超力戦隊オーレンジャー」関連玩具(バンダイ)、女児では「カットアンドスタイルバービー」(マテル)等が好調
仕掛けが豊富なレゴ「ロイヤルキング城」(レゴジャパン)発売、話題となる

日本玩具協会新会長に山科誠氏 就任

シルバニアファミリーの「赤い屋根の大きなお家」(エポック社)が好調
マリオネットのようにかわいらしい動きを見せる「リンバー・ルーイ」(イワヤ)登場

「キャラクターコレクション ピンズ」(ユタカ)が2ヶ月で30万個出荷
セガサターン」(セガ・エンタープライゼス)が34,800円に値下げ
埼玉県にミニ四駆の初の専門店がオープン


NHK「おかあさんといっしょ」からの知育玩具「親子でトライ!トライ!トライ!」(二ノ戸玩具)が人気
PS用ソフト、プラモデルなど「機動戦士ガンダム」(バンダイ)根強い人気
「ライオンキング」(ブエナ・ビスタ・ジャパン)ビデオ発売、ヒット

「PL法(製造物責任法)」施行。それに伴い、商品の安全性を見直す動きが活発化
プレイステーション」(ソニーコンピュータエンタテインメント)が29,800円に値下げ


夏休みになり、ミニ四駆の人気拡大

米ドリーム・ワークス、ハズブローと提携を発表
「プラレール」(トミー)をはじめ、レールトイの人気復活



SFC用ソフト「スーパーマリオ ヨッシーアイランド」(任天堂)人気

日本のおもちゃ情報」ホームページ開設
10

SFC用ソフト「聖剣伝説3」(スクウェア)ヒット
BB戦士やミニ四駆の人気にあわせ、「ジャパンカップJr.サーキット」(田宮模型)などの関連玩具も好調
ジャレッコモーラー」(増田屋コーポレーション)限定発売され、異常人気となる

紳士服の「アオキ」、玩具小売に参入発表
11

次世代パズル「ライツアウト」(タカラ)の人気上昇
「RCロボット DJエミリオ」(セガ・ヨネザワ)キャラクターのかわいらしさでヒット
PSソフト「ときめきメモリアル」(コナミ)限定版も好調
クラッシュエアホッケー」(エポック社)発売

「コンピュータ エンターテインメント ソフトウェア協会(CESA)」設立
ゲーム業界3団体が11月23日を「ゲームの日」に制定
12
「ご近所物語」シリーズなどの女児ホビー人気

日本玩具協会「トイ保証共済制度」発足
キッズコンピュータ PICO」(セガ・エンタープライゼス)が累計100万台突破


トレンド&トピック
94年末より発売開始となった次世代ゲーム機「プレイステーション」「セガサターン」と、「スーパーファミコン」の三つ巴のトップ争いで幕を開けたこの年。TVゲーム人気に拍車がかかり、上半期には、売上ベスト10を関連ソフトを含めたゲームが独占した月もあるほど、激しいバトルを繰り広げました。
代わって、ゲームが落ち着きを見せ始めた秋ごろから目立ってきたのは、タミヤの「ミニ四駆」商品。ベスト10にはときどき顔を出す程度でしたが、ベスト20内には5、6アイテムが登場。95年の売上数量順ランキングでは、上位50商品中27アイテムもミニ四駆関連商品が占めるなど、驚異的な人気を見せました。
年間を通して、「キッズコンピュータ ピコ」「イラストシールプリンター ル・シール」などのエレクトロニック系玩具も健闘。年末商戦を迎える12月には「スーパーノートクラブ」や「光シールワープロ」なども加え、ゲームと並んでランキング上位を争いました。
また、話題の「ジャレッコモーラー」「RCロボット DJエミリオ」もきっちり名前を見せ、中でも「ライツアウト」は3カ月に渡ってベスト10に登場するなど、新商品も健闘していたこの年のランキングでした。

参考資料: 「月刊 Toy Journal」 (東京玩具人形問屋協同組合)、「週刊玩具通信」 (日本トイズサービス(株)