おもちゃ情報net.


おもちゃの歴史年表


1980〜1984年

この年の
話題

1980年 : 自動車生産台数 日本が世界一に/山口百恵引退/竹の子族ブーム/ウォークマン流行/映画「クレイマークレイマー」ヒット/シラケ世代
1981年 : 国際障害者年/王貞治引退/ピンクレディー解散/チャールズイギリス皇太子とダイアナさんが結婚/「窓際のトットちゃん」出版/校内暴力、社会問題へ/ひょうきん族大人気/500円硬貨登場
1982年 : 上越東北新幹線開通/日航機が羽田沖に墜落/音楽CD発売開始/なめ猫流行/「ぶりっ子」/ブッシュマン/「バイちゃ、ほよっ」などのアラレちゃん言葉大流行
1983年 : NHKで「おしん」放映、大ブーム/東京ディズニーランドオープン/ブレークダンス流行
1984年 : ロサンゼルスオリンピック 開催/衛星放送開始/グリコ・森永事件/日本が平均寿命世界一に/「えりまきトカゲ」「コアラ」がブーム/刈り上げルック流行/ハウスマヌカン


発売・ヒット商品 玩具業界の動き
1980

(昭和55)
「ルービックキューブ」(ツクダオリジナル)登場、10ヶ月間に日本だけで350万個を売る大ブームに
「ゲーム&ウォッチ」(任天堂)発売
「チョロQ](タカラ)登場
「つっぱりくん」話題を呼ぶ

アメリカでビデオゲームの人気加熱
「ドラえもん」空前の配給収益
田宮模型がフランス誌からオスカー賞を受賞
セキグチの「ドールハウス」完成
セキグチとマテルが業務提携
おもちゃ修理研究会が発足
パイロットインキが玩具、伊藤萬がアニメ事業に参入

1981

(昭和56)
「機動戦士ガンダム」のプラモデルが大ブームに
LSIゲーム「パックマン」(トミー)ヒット
「ハッピーカナリア」(アルプストーイ)が大ヒット
「チョロQ」(タカラ)の人気上昇
「ちっちゃな仲間たち」(トミー)ヒット
「DR.スランプ アラレちゃん」の人気加熱
「ガーフィールド」日本登場

ツクダ店主の発起で「日本玩具資料館」オープン
バンダイ、BC会発足/お客様センターをオープン/玩具菓子市場に参入
トミーが東京ディズニーランドの企業スポンサーに
初の玩具輸出見本市開催
東京ぬいぐるみ工業協同組合設立
アメリカで「パックマン」人気

1982

(昭和57)
トミーがグラフィックコンピューター 「ぴゅう太」開発
「インテレビジョン」(バンダイ)などテレビゲーム関係が台頭し始める
「ちっちゃな仲間たち」(トミー)がヒット
「バービー」(タカラ)が大人気
タカトクが「マクロス」発表

「超時空要塞マクロス」TV放映
カシオがELゲームで玩具進出
セガが家庭用ゲームに進出
全国タカラ会発足
バンダイグループ8社が合併
国際見本市「東京おもちゃショー」と改称、晴海で開催
第1回輸出玩具・ホビー見本市開催
サンリオが東証2部に上場
モリガングの「トイワールド」完成
銀座に博品館トイパーク誕生
心身障害児に無料で玩具を貸し出す「おもちゃの図書館」 六本木にオープン

1983

(昭和58)

「ぴったしめんめん」(野村トーイ)大ヒット
8月 「ファミリーコンピュータ」(任天堂)発売、大ブレイク。セガのSGシリーズ、エポック社「カセットビジョン」など他のテレビゲームも好調に。LSIゲーム時代からテレビゲーム時代へと移行
「キン肉マン」人気
ニュータイプの変形ロボ「バトロイドバルキリー」 ヒット
「ボクシングゲーム」登場
トープレ「スタコラマン」がテレビCMで大活躍
「ザ・ウィンチ」をはじめ、ラジコンカー好調
マッチボックスが日本再上陸

「ぴゅう太」(トミー)が日経流通最優秀賞に
公正取引委員会が任天堂に排除勧告
魔法少女シリーズ第1作 「魔法の天使クリィーミーマミ」が放映
1984

(昭和59)

「キャベツ人形」が日本上陸
「キン肉マン」消しゴムがブームに
ルームインテリア「マイフィッシュ」(増田屋コーポレーション)発売
ジグソーパズル、チョロQなど定番商品根強い人気
ファンシー雑貨と玩具の融合が注目される
マスコミにより「駄菓子ブーム」再燃
本格ロボットの先駆「オムニボット」登場。ロボット玩具が充実

タカラが株式店頭公開
タカラがSRサークル、バンダイがBC友の会を発足、流通の組織化へ
アメリカ大手玩具メーカ・マテルが東京事務所を開設
玩具六社会解散
バンダイ会長の発起で、「財団法人 日本おもちゃ図書館」設立
海外でタカラの「トランスフォーマー」、バンダイの「ゴボット」大ヒット

参考資料: 「月刊 Toy Journal」 (東京玩具人形問屋協同組合)、「週刊玩具通信」 (日本トイズサービス(株)