ƊEj[X

【業界ニュース】ネット来場含め520万人が楽しんだゲームの祭典「闘会議2018」

TVゲームからアナログゲームまで様々なゲームが集まる日本最大級のユーザー参加型のゲームの祭典「闘会議2018」が、2月10・11日に千葉県・千葉市の幕張メッセで開催されました。
近年、TVゲームでの複数対戦などをスポーツとみなすeスポーツが海外で盛り上がりを見せている中で、日本でもいよいよeスポーツの本格的な導入がスタートしており、今回の闘会議の主催にも一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」が参加。更なる盛り上げが図られ、T国内初のeスポーツプロライセンス発行予定大会の実施や賞金制大会など、15タイトル以上のTVゲーム大会が実施されました。

一方で、アナログゲームも若者を中心に盛り上がっており、アナログゲームコーナーの各種ボードゲームが遊べる席はいつの時間もほぼ満席となり、大型サイコロを振って遊ぶ巨大ゲームも ファミリーやグループで挑戦するなど、こちらも多くの来場者が集まっていました。

その他、過去の名作TVゲームが遊べるレトロゲームエリア、TVゲーム音楽ステージ、さらにゲームキャラクターなどに扮したコスプレエリアなども登場し、期間中の来場者はリアル来場者74,245人、ネット視聴などのネット来場者が5,131,820人となり、多くのファンがゲームの祭典を楽しみました。

また、ゲームセンターなどで遊べるゲーム機などのアミューズメント・エンターテインメント関連機器の展示会「ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)」(2月9日はバイヤーズデイ)も同時開催されており、会場となった幕張メッセはまさにゲーム一色で染まりました。

 
DSC_0770 DSC_0732
左: ストリートファイターⅤアーケードエディション闘会議GP大会
右:『ARMS』闘会議2018最強ファイター決定戦

DSC_0528 DSC_0560
花札や各種ボードゲームが遊べるアナログゲームコーナーも大盛況でした

 

「闘会議2018」公式サイト http://tokaigi.jp/