ƊEj[X

【業界ニュース】鉄道博物館に「科学ステーション」と「キッズプラザ」がオープン!

埼玉県さいたま市の鉄道博物館は、昨年10月から休止していた本館のラーニングゾーンをリニューアルし、4月27日に「科学ステーション」と「キッズプラザ」をオープンしました。
オープンに先立ち4月25日に行われた「鉄道博物館 科学ステーション・キッズプラザ完成内覧会」に行ってきました。

「キッズプラザ」は、旧ラーニングゾーンの1Fに新設された鉄道ごっこ遊びができるエリアです。プラレールで自由に遊べるプラレールゾーンには、タカラトミーが寄贈したプラレールの約50倍の大きさのスーパーこまちが展示されており、思わず圧倒されてしまいました。
また、おままごと遊びなどができるなりきりゾーンには、公募をもとにラッピングカラーを決定したという103系電車が展示されています。 その他にも乳幼児ゾーンやキッズカフェもあり、大人が子どもを見守りながら安心してくつろげるようになっています。

1F・キッズプラザのプラレールゾーン

キッズプラザのプラレールゾーン。写真奥が、プラレールの約50倍の大きさのスーパーこまち

103系電車は一般公募でカラーリングを決定!

103系電車は一般公募でカラーリングを決定!

さらに2・3Fの「科学ステーション」は、鉄道の科学をテーマに、科学の視線で探求することで鉄道の仕組みを理解する実験ミュージアムになっています。
この日は地元の大成小学校3年生の皆さんが招待され、鉄道の科学の仕組みを教わったり体験したりと大いに楽しんでいました。

このゴールデンウィークには各種イベントも開催されているので、ご家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか!

子ども達はみんな楽しそうに鉄道の科学を教わっていました

子ども達はみんな楽しそうに鉄道の科学を教わっていました

集電ゲームで鉄道の科学を体験!

集電ゲームで鉄道の科学を体験!

鉄道博物館 公式サイト http://www.railway-museum.jp/
●プレスリリース 「2017年 ゴールデンウィークイベント開催」(PDF)