ƊEj[X

【業界ニュース】今年はミニ四駆ジャパンカップ開催30年の記念イヤー

タミヤが東京・港区のタミヤプラモデルファクトリー新橋店で4月17日に開催した「ミニ四駆 メディアミーティング2018&メディア対抗レース」にて、「ミニ四駆ジャパンカップ2018」の詳細が発表されました。
ジャパンカップ2018は6月16日の東京大会1Dからスタートし、10月のチャンピオン決定戦まで全国で熱戦が繰り広げられます。開催日程は、ジャパンカップ2018 総合案内 ページ をご覧ください。

また、今年はジャパンカップ開催30年となり、それを記念して全長169.8mの「ミニ四駆ジャパンカップ30年 クラシックサーキット2018」が公式コースとして登場します。

大会はジュニアクラス、ファミリークラス、チャンピオンズは当日参加受付が可能で、オープンクラスは公式アプリ、タミヤパスポートを使用した事前応募方式となりますので興味がある方はぜひ。さらに「アビリスタ ジャパンカップ2018(MAシャーシ)などのジャパンカップ2018関連アイテムも続々登場ですので、今後の情報にもご期待ください。

ミニ四駆2 ミニ四駆1

ミニ四駆3

「アビリスタ ジャパンカップ2018(MAシャーシ)」

そして、今年は11年ぶりにミニ四駆のデザインコンテストも実施されます。最優秀賞作品には副賞50万円とともに、タミヤが製品化・発売を行うファン必見のイベントであり、プロ・アマを問わずに応募が可能ですのでこちらも要チェックですので、応募方法などの詳細は デザインコンテスト特設ページ をご覧ください。

発表後は恒例のメディア対抗レースが行われ、各メディアが持ち寄った自慢のミニ四駆による熱戦が繰り広げられました。

 
●ジャパンカップ2018 総合案内 http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/jc2018.html
●ジャパンカップ30年記念企画 ミニ四駆デザインコンテスト
http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/dc2018.html
●タミヤ ミニ四駆 公式サイト http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.html

 

【業界ニュース】メルちゃんが東京ドームで始球式!

4月8日(日)、東京ドームで行われたプロ野球の日本ハムファイターズvs千葉ロッテマリーンズにおいて「パイロット アクロボール スペシャルデー」が開催され、メルちゃんとアヒル隊長が登場しました。
なんとこの日の始球式を務めたのはメルちゃん! 気になる投球ですが、ワンバウンドながらしっかりとキャッチャーまで届き、会場を沸かせました。

メルちゃんとアヒル隊長が東京ドームに登場

メルちゃんとアヒル隊長が東京ドームに登場

メルちゃん公式サイト http://www.mellchan.com/
  公式Twitterにはメルちゃんの感想もアップ♪ https://twitter.com/mellchan_dayo
アヒル隊長公式サイト http://www.ahirutaicho.com/

【業界ニュース】ベイブレードバースト2代目アジアチャンピオンは台湾のエンエン選手!

3月30日に東京・豊島区の池袋サンシャインシティ噴水広場で小学生を対象とした「ベイブレードバースト アジアチャンピオンシップ2018」が開催され、2代目アジアチャンピオンが決定しました。

アジアチャンピオンシップの開催は昨年4月の開催に続いて2回目で、今回は7つの国・地域から各2名の合計14名の代表選手が参加して行われました。

日本代表選手となったのは、同日の午前中に開催された「ベイブレードバースト 日本一決定戦2018」の戦いから勝ち上がったヒイロ選手とソウマ選手。ソウマ選手は見事に準決勝まで勝ち進みました。また、ヒイロ選手はなんと女の子。今回は惜しくも初戦敗退でしたが、シンガポール代表のカコ選手も女の子で、アジアチャンピオンシップに初めて女の子が勝ち上がってきました。確実に女の子にも人気が拡がっているようです。ちなみに日本一決定戦の予選大会は今年1~2月にかけて全国4会場で開催され、なんと約10,000人もの小学生がエントリーしました。

日本代表のソウマ選手の準決勝の戦い。見事3位に輝きました

日本代表のソウマ選手の準決勝の戦い

約2,500人もの観衆が見守る中、決勝戦は韓国代表のメロンタジャン選手と台湾代表のエンエン選手で行われ、ストレートでエンエン選手が勝ち、2代目アジアチャンピオンに輝きました。台湾代表の優勝は全大会に続いて2回目となり連覇を達成しました。

白熱した戦いとなった決勝戦

白熱した戦いとなった決勝戦

★小 全代表集合写真

アジアチャンピオンシップを戦った選手たち

アジア各国から集まった子ども達は、国境を越えてベイブレードバーストを通じて仲間となり、お互いの試合を応援し、大会終了時には仲良しになっている姿も印象的でした。

【業界ニュース】世界初「おかしなガムボール」のコラボカフェが期間限定オープン

アニメ専門チャンネルのカートゥーン ネットワークで放送中のオリジナルアニメーション「おかしなガムボール」と、東京・スイーツパラダイス新宿ミロード店がコラボした「おかしなガムボールカフェ in SWEETS PARADISE」が、4月15日(日)までの期間限定でオープンしています。

おかしなガムボールカフェ_内観

「おかしなガムボール」は、2D、パペット、実写などの異なるアニメーション技法を組み合わせたイギリス発のナンセンスコメディアニメで、2011年5月にイギリスとアメリカで放映がスタート。フランス、イギリス、アメリカのアニメーション&映画の各種作品賞を受賞するなど、国際評価も高い最新注目のアニメです。
日本へは2011年11月に上陸、現在はカートゥーン ネットワークのほか地上波のTOKYO MXでも放送されており、
最近では10代後半~20代女性を中心に人気が上昇、キャラクター雑貨やアパレルグッズなども注目されています。

世界初となる「おかしなガムボール」のカフェでは、「ワタソン一家のオムライス」や「ガムボール&ダーウィン親友パフェ」など、ここでしか食べることができない個性豊かなキャラクターをモチーフにしたフードやドリンクの“ハチャメチャメニュー”全11種が楽しめます。
さらに、コラボメニューを注文すると来店1回につきランチョンマット(全2種) 1枚と、メニュー1品ごとにステッカー(全10種) 1枚がランダムに付いてきます。ステッカーには各キャラクターの可愛らしい笑顔やユニークな変顔などがあり、ファンにはたまらないコレクションアイテムになっています。

おかしなガムボールカフェ_mwnyu-おかしなガムボールカフェ_ステッカーとランチョンマット

店内の一角にフォトスポットも! たくさん写真を撮ってワイワイ楽しめるようにキャラクターグラスやキャラクターマスク、POPなども用意してあります。

おかしなガムボールカフェ_フォトスポット1おかしなガムボールカフェ_フォトスポット2

コラボメニューも店内もとってもカラフルで、SNS映え間違いなしのコラボカフェになっています!
ぜひ、この春休みに ご家族で行かれてみてはいかがでしょうか。

 

●おかしなガムボールカフェ in スイーツパラダイス
期間:2018年3月16日(金)~4月15日(日)
http://www.sweets-paradise.jp/news/2018/03/316-in.html
●おかしなガムボール 番組HP http://www.cartoonnetwork.jp/cn_programs/microsite/00438
●おかしなガムボール 公式Twitter https://twitter.com/gumballcnjp

 

【業界ニュース】今年は野球盤イヤー、野球盤60周年記念イベント開催

エポック社が展開する野球盤が発売開始から今年で60周年を迎えることとなり、それを記念した「野球盤60周年記念開幕イベント」が、同じく開業から今年で60周年を迎える東京・港区の東京タワーで3月26日に開催されました。

野球盤は1958年に初代が登場して以来、70機種が登場し、1,400万台以上の売り上げを誇る、誰もが一度は遊んだことがある日本を代表する玩具のひとつ。消える魔球など画期的な機能が子どもたちを楽しませ、最新機種となる「野球盤3Dエースオーロラビジョン」では最新機能「3Dピッチング&ホームランバッター」を搭載し、ピッチャーの投球が宙を飛び、バッターの打球がアーチを描いてホームランとなるリアルな野球を盤上で再現することができるようになっています。
4月には「野球盤3Dエース オーロラビジョン」に60年を振り返るアニバーサリーブックをセットした「60周年記念冊子付 限定野球盤」(4月21日発売)や「ドラえもん野球盤」、「スーパーマリオ野球盤」などのキャラクターとのコラボレーション商品(6月9日発売)など続々と新商品も発売されます。

野球盤イヤーの幕開けとなる今回のイベントには、お笑い芸人のトレンディエンジェルや元プロ野球選手の佐野慈紀さんが登場し、野球盤での対決や子どものころに野球盤で遊んだ思い出を語るトークショーなども行われ大きな盛り上がりを見せました。ぜひこの機会にご家族で野球盤を遊んで頂ければと思います。

DSC_1033 DSC_1062
お笑い芸人トレンディエンジェルや元プロ野球選手・佐野慈紀さんが登場

DSC_0023 DSC_0025
会場には初代野球盤から今後発売予定の「60周年記念冊子付き 限定野球盤」、「ドラえもん野球盤」、「スーパーマリオ野球盤」などが並んだ

 

エポック社の野球盤 公式サイト http://epoch.jp/ty/yakyuban/

【業界ニュース】「うちのタマ知りませんか?」展に小倉優子さんが登場

「タマ&フレンズ35周年『うちのタマ知りませんか?』展 in新宿」が、小田急百貨店新宿店で開催中です。

今年で35周年を迎えた「タマ&フレンズ」は、大人世代には懐かしいキャラクターとして、また子ども達には学校のドリルなどで馴染みのあるキャラクターとして3世代に親しまれています。
会場ではそんなタマと仲間達のぬいぐるみやステーショナリー、ハンカチなど約300点のグッズや、タマとポチをモチーフにしたケーキなどが販売されています。ほかにも、子どもでも体験できるネイルサロンやフォトスポット、さらにタマの肉球のにおいを体験できるコーナーも。
展示コーナーにはタマの35年の歴史をまとめたパネルや、今では販売されていない懐かしのアイテムが展示されています。

22日には、タマと同じ1983年生まれでママタレントとして活躍中の小倉優子さんが登場し、タマ、ポチと一緒にイベントを行いました。
小倉さんは「子どもの頃よくアニメやグッズを目にしていたので、実際タマ達に会えて嬉しい。キャラクターでは、アイドル的なモモが好きです。私と同世代の人は同じように懐かしい気持ちになれると思います。色々な世代の方が楽しめると思うので、ぜひ会場に来てください」と語りました。

「タマ&フレンズ35周年『うちのタマ知りませんか?』展 in新宿」は、3月27日(火)まで開催中です。

tama1
小倉さんを囲んで記念撮影。

tama2
タマの歴史がわかる展示コーナー

 

タマ&フレンズ35周年「うちのタマ知りませんか?」展 in新宿
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/special/tama-and-friends/

【業界ニュース】新小岩駅北口がモンチッチ一色に!

3月10日、モンチッチを手掛けるセキグチの本社の最寄駅である東京都のJR新小岩駅 北口から新小岩駅東北広場(バス乗り場)までをつなぐ連絡通路「スカイデッキたつみ」がモンチッチ一色に染まりました!
これまでも葛飾区ではモンチッチ公園の開園(平成28年4月)やモンチッチラッピングバスの運行(平成29年2月)、JR新小岩駅周辺にモンチッチデザインのマンホールの設置(平成29年6月)など、葛飾区で生まれて今や世界的人気を誇るモンチッチを“モンチッチに会えるまち葛飾”として葛飾区全体で盛り上げてきました。
そして今回は、スカイデッキたつみの壁面パネルや床面タイル、そしてエスカレーターの手すりなど至る所にモンチッチの装飾が施されました。

壁面はもちろん、床面やエスカレーターもモンチッチで装飾

壁面はもちろん、床面やエスカレーターもモンチッチで装飾

なかでも注目はモンチッチの絵柄が線路側の屋根に映し出されるデザイン照明灯の設置です。夕方、暗くなると可愛らしいモンチッチくんとモンチッチちゃんがライトアップされ、通行する人たちを楽しませてくれます。ライトアップされたモンチッチは、実は電車の中からも見えるそうです。機会があれば電車の中からぜひ新小岩駅の北側を眺めてみてください。

MCC2

ライトアップのデザインは6種類

ライトアップのデザインは6種類

10日の夕方には青木克徳葛飾区長やセキグチの吉野壽高社長が参加してモンチッチ装飾完成式典が開催されました。

モンチッチ装飾完成式典では青木克徳葛飾区長(右)、吉野壽高社長(左)、モンチッチくんとモンチッチちゃんが照明灯を点灯

モンチッチ装飾完成式典では青木克徳葛飾区長(右)、吉野壽高社長(左)、モンチッチくんとモンチッチちゃんが照明灯を点灯

葛飾区ではさらに3月17日からは同じく本社を葛飾区に置くタカラトミーのリカちゃんラッピングバスの運行を開始、翌18日には「キャプテン翼」の原作者・高橋陽一さんの母校であり作品の舞台である南葛市の由来となった東京都立南葛飾高等学校にキャプテン翼の銅像が完成など、イベントが続きます。葛飾発の世界に誇る人形やアニメが、これからどんどん葛飾区を世界にPRしていきますよ。

 

モンチッチ 公式サイト http://www.monchhichi.co.jp/
東京都葛飾区の公式サイト http://www.city.katsushika.lg.jp/
「モンチッチ!リカちゃん!キャプテン翼! 3月はイベントが盛りだくさん!葛飾に集まれ!」
http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000064/1017029.html

【業界ニュース】アニメ・ゲームグッズ専門店「Sanrio animestore」がオープン

サンリオの新店「Sanrio animestore 池袋P’PARCO店」が3月1日、池袋のP’PARCO 3Fにオープンしました。
同社では初となる常設のアニメ・ゲーム関連グッズの専門店です。

今までのサンリオのお店と一線を画するこのストアには、「SHOW BY ROCK!!」や「サンリオ男子」などサンリオ発のキャラクターの商品だけでなく、「Fate/Grand Order」など人気ゲームやアニメのキャラクターをサンリオのデザイナーがリデザイン、プロデュースしたグッズも並んでいます。
さらに、「Sanrio animestore」でしか買えないグッズも!

店頭には巨大なモニターを介して「SHOW BY ROCK!!」の主人公・シアンとコミュニケーションできる
「ふれあえる♡シアンちゃん」も設置され、来店するお客さんを楽しませています。

初日はオープン前からアニメやゲームを愛する60人以上が整理券を求めて集まり、
商品を買い求める姿が見られました。

「Sanrio animestore」は今後、大阪等にも順次出店予定です。

sanrio-anime-store
「Sanrio animestore 池袋P’PARCO店」の様子

●サンリオアニメストア 店舗情報 https://www.sanrio.co.jp/shop/sh7696100/
●サンリオアニメストア 公式ツイッター @sanrioanist https://twitter.com/sanrioanist
●池袋PARCO http://ikebukuro.parco.jp/page2/

【業界ニュース】ネット来場含め520万人が楽しんだゲームの祭典「闘会議2018」

TVゲームからアナログゲームまで様々なゲームが集まる日本最大級のユーザー参加型のゲームの祭典「闘会議2018」が、2月10・11日に千葉県・千葉市の幕張メッセで開催されました。
近年、TVゲームでの複数対戦などをスポーツとみなすeスポーツが海外で盛り上がりを見せている中で、日本でもいよいよeスポーツの本格的な導入がスタートしており、今回の闘会議の主催にも一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)」が参加。更なる盛り上げが図られ、T国内初のeスポーツプロライセンス発行予定大会の実施や賞金制大会など、15タイトル以上のTVゲーム大会が実施されました。

一方で、アナログゲームも若者を中心に盛り上がっており、アナログゲームコーナーの各種ボードゲームが遊べる席はいつの時間もほぼ満席となり、大型サイコロを振って遊ぶ巨大ゲームも ファミリーやグループで挑戦するなど、こちらも多くの来場者が集まっていました。

その他、過去の名作TVゲームが遊べるレトロゲームエリア、TVゲーム音楽ステージ、さらにゲームキャラクターなどに扮したコスプレエリアなども登場し、期間中の来場者はリアル来場者74,245人、ネット視聴などのネット来場者が5,131,820人となり、多くのファンがゲームの祭典を楽しみました。

また、ゲームセンターなどで遊べるゲーム機などのアミューズメント・エンターテインメント関連機器の展示会「ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)」(2月9日はバイヤーズデイ)も同時開催されており、会場となった幕張メッセはまさにゲーム一色で染まりました。

 
DSC_0770 DSC_0732
左: ストリートファイターⅤアーケードエディション闘会議GP大会
右:『ARMS』闘会議2018最強ファイター決定戦

DSC_0528 DSC_0560
花札や各種ボードゲームが遊べるアナログゲームコーナーも大盛況でした

 

「闘会議2018」公式サイト http://tokaigi.jp/

【業界ニュース】次世代ワールドホビーフェア’18 Winter 開催!

「次世代ワールドホビーフェア’18 Winter」が1月21日開催の名古屋大会を皮切りに、東京、福岡、大阪の全国4ヵ所で行われています。
そのうち、1月27・28日に千葉・千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で開催された東京大会に行ってきました。
会期中の2日間、会場は終日子ども達で大盛況となっていました。

東京大会には、バンダイ、タカラトミー、タカラトミーアーツ、バンダイナムコエンターテインメント、バンプレスト、ショウワノート、レベル5、任天堂、ソニー、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、ポケモンなど注目のメーカーが多数出展していました。
各ブースでは、大会や体験会などが実施され、どのブースも長蛇の列ができ、なかには30分待ちや45分待ちの行列も。また午前中のうちにあっという間に整理券の配布が終了する人気のコーナーもありました。

いくつか紹介すると、タカラトミーが大きくスペースを割いて行っていたのが「ベイブレード」です。「ベイブレードG-1バーストカップ2018winter」という大会を開催していて、子ども達は自慢のベイを持参し、白熱したバトルが繰り広げられました。タカラトミーは他にも「デュエル・マスターズTCG」やレベルファイブと並んで出展していた「スナックワールド」なども大きなブースを構えていて、子ども達に大人気になっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

タカラトミーの「ベイブレード」は男の子たちで終日大混雑。体験コーナーでは真剣なバトルも

バンダイは「ポチっと発明 ピカちんキットや爆釣バーハンター」や「ブレイク轟牙」、「ぶっさしーず」など新コンテンツをメインに紹介していました。特に前面で展開されていたピカちんキットと爆釣バーハンターの体験コーナーには、子ども達が大勢集まって、楽しそうに体験する姿が。

Exif_JPEG_PICTURE

バンダイは新製品「爆釣バーハンター」を大々的にアピール

コナンも登場

コナンも登場

この他にも楽しい体験会がいっぱい。ソニーブースでは発売が待たれる「トイオ」の体験会を実施、30分待ちなど常に行列ができ、商品への期待の高さを感じました。また任天堂ブースでは、ニンテンドースイッチを展開し子ども達が大勢体験していました。任天堂ブースでは「スプラトゥーン2 小学生最強軍団トーナメント」などが開催されたほか、4月発売予定の「NINTENDO Labo」のプロモーション映像も紹介され、注目を集めていました。

なお、福岡大会は2月4日、大阪大会は2月11日に開催されるので、機会があればぜひ参加してみてください。

 

「次世代ワールドホビーフェア’18 Winter」 公式サイト http://www.whobby.com/