ƊEj[X

【業界ニュース】50周年のリカちゃん、銀座で展覧会を開催中!

リカちゃんは1967年に誕生して今年50周年を迎えます。
これを記念して、東京・銀座の松屋銀座8Fイベントスクエアにて過去最大級の規模で「誕生50周年記念 リカちゃん展」が3月22日から開催されています。

入口で1967年当時のファッションを着たリカちゃんがお出迎え

入口で1967年当時のファッションを着たリカちゃんがお出迎え

これまで4代にわたりモデルチェンジをして時代とともに変化してきたリカちゃん。50年もの長い間、女児玩具のトップブランドとして常に日本の女の子に愛され続けているリカちゃんは、これまでに販売された数はなんと累計6,000万体超にも及びます。

最初の生産ラインで作られた1967年発売の初代リカちゃんとドリームハウス

最初の生産ラインで作られた1967年発売の初代リカちゃんとドリームハウス

展覧会では「Licca meets Licca」をテーマに約580体のリカちゃんや家族、お友達が当時のファッションと共に紹介され、リカちゃんハウスなどの貴重な資料も約70点公開されています。
展示コーナーには1967年から2016年まで、その年に特に人気の高かったリカちゃんが年ごとに紹介されていて、生まれた年のリカちゃんを楽しそうに眺める来場者の姿も。ほかにも初代からの現在までのボディやヘアスタイルなどの変遷など、時代とともに変化するリカちゃんを知ることができます。

ボディの変遷。初代だけでも5回もモデルチェンジしています

ボディの変遷。初代だけでも5回もモデルチェンジしています

浅田真央さんとコラボレーションした「50周年お祝いコラボリカちゃん」

浅田真央さんとコラボレーションした「50周年お祝いコラボリカちゃん」

さらに「50周年お祝いコラボリカちゃん」も見逃せない見どころです。大人気のフィギュアスケーター・浅田真央さんや世界的な歌姫のアリアナ・グランデさん、ハローキティやくまモンといった人気キャラクター、そしてゴディバ、スワロフスキーといった世界的な企業とコラボレーションしたリカちゃんが50組以上特別展示されています。

リカちゃん展は4月3日まで開催中です。子どもから大人まで楽しめる楽しい展覧会なので、銀座に行く機会があったら是非足を運んでみてください。

 
『誕生50周年記念 リカちゃん展』 http://licca.takaratomy.co.jp/official/archives/1250/
リカちゃん 公式サイト http://licca.takaratomy.co.jp/

【業界ニュース】実物大ガンダムのお別れセレモニー開催、新プロジェクト発表

2012年から東京・お台場のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場に設置されていた実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFT」が、3月5日をもって展示を終了することとなり、同日、実物大ガンダムクロージングセレモニーが開かれました。
多数のファンが見守る中、機動戦士ガンダムの特別編集VTRが上映され、実物大ガンダムのこれまでの軌跡を振り返る一方で、新たに実物大ユニコーンガンダム立像が2017年秋より同所に展示されることも発表され、これには大きな歓声が上がっていました。

また、ダイバーシティ東京プラザ7Fのエンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」も4月5日をもって閉館となることが発表されていますが、こちらも2017年夏に国内初のガンプラを主体とした総合施設「THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」として生まれ変わり 世界へ向けてガンプラの魅力を発信していくとのことです。

DSC_0355

セレモニーではピアノ三重奏による機動戦士ガンダムの代表曲の演奏も行われた

DSC_0568

セレモニーには多数のファンが詰めかけた

GFT_立像_04_SF_昼パース_160407

2017年秋に展示開始予定の「実物大ユニコーンガンダム立像」 ※画像はイメージ図

閉館を間近に控えた「ガンダムフロント東京」では現在、ファンへの感謝を示す特別企画「LAST SHOOTING キャンペーン」が展開されており、限定ガンプラや限定グッズ、実物大ガンダム立像の歴史を振り返る「実物大ガンダム立像メモリアル展」も開催されているので興味がある方はぜひ!

 

「ガンダムフロント東京」公式サイト http://gundamfront-tokyo.com/jp/
「ガンダムワールドニュース 2017春」動画公開 http://www.gundam.info/topic/17645

【業界ニュース】「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」が開催

2月10~12日に千葉・千葉市の幕張メッセで開催された「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」に行ってきました。 ジャパン アミューズ メントエキスポ は、ゲームセンターや遊園施設で楽しめる最新のゲームマシンや遊具などが展示された国内最大のアミューズメント・エンターテインメント産業の総合展示会です。
今回は国内外41社が出展、ゲーム機やクレーンゲームの景品など関連製品約1,000アイテムが集合し、最新機種を実際に体験することもできました。

VR(Virtual Reality:仮想現実)を活用したアーケードゲームが注目を集め、バンダイナムコエンターテインメントのブースでは VRゲーム「ガンダムVR ダイバ強襲」や「脱出病棟Ω」などが人気に。参加者はまるで本物のガンダムを操縦しているかのような感覚や、スリリングな病棟脱出など「したくてもできないホンモノ」空間を体感していました。

また、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議」と初の合同開催となった11・12日は、2日間合計の来場者数がリアル 68,459人、ネット 4,126,180人と 大きな盛り上がりをみせました。

「ガンダムVR ダイバ強襲」でVRを体感

「ガンダムVR ダイバ強襲」でVRを体感

タイトーのシリーズ最新作「電車でGO!!」

セガ・インタラクティブ「頭文字D ARCADESTAGE Zero」

セガ・インタラクティブ「頭文字D ARCADESTAGE Zero」も注目を集めた

 

 

 

 

 

 

 

●「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」 公式サイト http://jaepo.jp/

【業界ニュース】アニメ15周年を記念して、バトルやお酒が楽しめる「ベイブレードバー」が期間限定オープン!

東京・豊島区の池袋パルコ6Fでベイブレードバーストのバトルをして遊んだり、飲食を楽しめる
「爆転シュート ベイブレードバー」が1月7日(土)~29日(日)の期間限定でオープンしました。

BBB_02

ベイブレードのテレビアニメは2001年1月に放送がスタートし、2016年に15周年を迎えました。
「ベイブレードバー」は、当時ファンだった子ども達が大人になった今、ベイブレードをみんなで
楽しめる場所として「対戦スペース」も完備していることが最大の特長です。
スタジアム2台とベイブレードバースト本体 約20種類を常設し、自由にバトルができるので
自分のベイブレードを持っていなくても気軽に体験できます。 ※対戦はベイブレードバーストシリーズのみ

BBB_04

BBB_01 BBB_03
当時のポスターや描き下ろしの色紙も展示しています

他にも店内の見どころは、1999年から発売がスタートしたベイブレード100個以上を展示しています。
大きなスクリーンで当時放送していたアニメも流れているので懐かしく、
ファンの熱気に包まれる空間になっています。

BBB_05

ここでしか食べられない期間限定のコラボメニューも必見で、どれも当時のベイブレードをモチーフに
考えられています。
食べておいしい、目で見て楽しいメニューが10種類登場!

BBB_06

お酒が苦手な方や子どもも楽しめるように、ドリンク4種類はそれぞれアルコールドリンクとノンアルコールドリンクを用意しています

お酒や食事をしながらベイブレードが楽しめるベイブレードバーは期間限定です。
この機会にぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

●「爆転シュート ベイブレードバー」公式サイト https://beyblade.takaratomy.co.jp/beybladebar
 

【業界ニュース】クリスマスに向けて100人のサンタクロースが東京スカイツリーに大集合!

冬晴れの青空が広がった12月10日、東京・墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチひろばで日本玩具協会主催によるイベント「おもちゃの世界からメリークリスマス」が開催されました。
当日は、事前応募が行われたおもちゃ大賞プレゼント企画で当選した子ども達がサンタクロースに扮した玩具企業のトップから直接プレゼントをもらった他、100人のサンタクロースやシルバニアファミリーのショコラうさぎちゃんなどの着ぐるみも登場。会場に駆け付けた子ども達にプレゼントやクリスマスカードを配ったり一緒に写真を撮ったりして子ども達は大興奮するなど多数の親子連れが訪れ、会場は大きな盛り上がりとなりました。

DSC_2379 DSC_2392 DSC_2399

●番外編

東京スカイツリーで待つ子どもたちの元へ急ぐサンタさん達。サンタさん達の一部は東武浅草駅から電車で東京スカイツリーへ向かいました

DSC_2093 DSC_2127 DSC_2207 DSC_2217

【業界ニュース】年末恒例の「変わり羽子板」を公開

その年に明るい話題を提供した人を題材にした年末恒例の「変わり羽子板」が、
12月7日、東京・浅草橋の久月で展示・公開されました。
今年は、スポーツ、国際、芸能、政治・経済の分野の中から19人が選ばれ、11点の羽子板が制作されました。

リオオリンピックで活躍したアスリート達や、小池百合子都知事、ドナルド・トランプアメリカ次期大統領など、
今年を象徴する顔ぶれが羽子板になっています。

制作された羽子板は11日まで久月本社で展示され、その後各地を巡回します。

hagoita

 
人形の久月 公式サイト https://www.kyugetsu.com/
 お知らせ:2016年話題の人「変わり羽子板」発表 https://www.kyugetsu.com/archives/6498

【業界ニュース】11日15日“いいいちごの日”にコリラックマがとちおとめ大使に就任!

11月15日に東京・千代田区のホテルメトロポリタンエンドで
サンエックスのキャラクター・コリラックマがとちおとめ大使に任命される
「栃木のとちおとめ大使任命式」が行われました。

いちごが大好きなコリラックマは、
これから栃木を代表するいちご「とちおとめ」のイベントなどに参加し、
とちおとめのおいしさをアピールしていきます。

とちおとめ大使の特別なお洋服を着たコリラックマにあなたも会えるかもしれません!

コリラックマとちおとめ大使就任

いちごのデザインのパンツと帽子が可愛らしいコリラックマ

コリラックマとちおとめ大使に就任

就任式ではコリラックマとJA全農とちぎ関係者の皆さんの写真撮影も行われました

●サンエックス「リラックマごゆるりサイト」 http://www.san-x.co.jp/rilakkuma/

【業界ニュース】「Lassenシリーズ」 新CM発表会でラッセン氏と永野さんがコラボ!

エポック社が発売するジグソーパズル「Lassenシリーズ」の新CM発表会が、11月16日に秋葉原UDXで開催されました。
発表会にはラッセン氏本人が登場し、新CMを見て「素晴らしい出来。私の絵をよく表現しています」と大絶賛。
そこへ、「ゴッホより普通にラッセンが好き~!」のネタでブレイクした、芸人の永野さんが乱入し、トークショーを繰り広げました。

会うのは2回目だというふたり。永野さんについてラッセン氏は
「日本の人がよく言うのでネタについてはよく知っています。怒っていませんよ(笑)。
世界の巨匠と私を並べてくれて、ありがとうございます」とコメント。

ラッセン氏の絵が自宅にあるという永野さんは「絵だけでなく、ジグソーパズルもたくさん持っています。
難しいほど面白いし、光るパズルは明るいところと暗いところで、2倍楽しめます」と商品アピールも忘れませんでした。

その後、永野さんはマリンアートの巨匠に自身の持ちネタをさせるという暴挙に。
ラッセン氏は笑顔で快諾してくれました。

ジグソーパズル「Lassenシリーズ」新CM発表会
一緒に永野さんの持ちネタに挑戦

ジグソーパズル「Lassenシリーズ」新CM発表会
決めポーズでフォトセッションに臨みました

●エポック社 ジグソーパズル「Lassenシリーズ」  http://epoch.jp/lassen/
●ラッセン&永野サイン入りパズルプレゼント (11/27締切)  http://epoch.jp/lassen/cpn/twitter2016/

【業界ニュース】オセロ世界選手権が10年ぶりに日本で開催!

日本では10年ぶりの開催となるオセロの世界大会「第40回世界オセロ選手権」が、オセロ発祥の地・茨城県水戸市で 11月1~4日まで開催されました。

オセロの世界チャンピオンを決める今大会には29の国と地域の代表84名が参加し、個人戦(無差別の部、女子の部、ユースの部)と団体戦で熱戦が繰り広げられました。
団体戦では、日本チームが圧倒的な強さで勝ち進み見事12連覇を達成。 また、個人戦における各部門のチャンピオンの座を射止めたのは、タイ代表のPiyanat Aunchuleeさん(無差別の部)、中国代表のZhen Dongさん(女子の部)、日本代表の和田真幹さん(ユースの部)となりました。

さらに水戸市では「水戸オセロウィーク」として人間オセロなどの各種イベントも開催され、オセロを通じて様々な形で盛り上がりました。

main
熱戦が繰り広げられたオセロ世界選手権

sub3
水戸オセロウィークで開催された人間オセロ

 
●一般社団法人 日本オセロ連盟   http://www.othello.gr.jp/
●第40回 世界オセロ選手権  http://www.worldothello.org/woc2016/
●水戸市>文化・教育・スポーツ>芸術文化>オセロ http://www.city.mito.lg.jp/001373/geijutubunnka/osero/

【業界ニュース】子ども達の笑顔がいっぱい!「くまもとキッズ博」大盛況

甚大な被害をもたらした熊本地震からちょうど半年が経った10月16日の日曜日、県内の子ども達を対象にした「くまもとキッズ博2016」が熊本学園大学の総合体育館で開催されました。

おもちゃや遊びを通して子ども達に心身ともにリフレッシュを図ってもらおうと企画したもので、おもちゃメーカー各社による体験会や、様々なおもちゃで自由に遊べるプレイコーナー、またウルトラマンやシルバニアファミリーなどの着ぐるみも登場して、会場では子ども達の笑顔があふれました。

このイベントは一般社団法人日本玩具協会の協力で開催され、熊本学園大学の学生さんもボランティアで運営をサポートしてくれました

このイベントは一般社団法人日本玩具協会の協力で開催され、熊本学園大学の学生さんもボランティアで運営をサポートしてくれました

オープニングセレモニーには着ぐるみも参加

オープニングセレモニーには着ぐるみも参加

くまもとキッズ博2016 の様子は、熊本学園大学 Facebook でもご覧いただけます。
  https://www.facebook.com/kumagakuuniv/